照明の在り方がレベルアップする1冊!CasaBRUTUS(カ-サブル-タス) 2017年 1月号 [美しい照明術]

2017年1月号のCasa BRUTUS(カーサブルータス)の特集は『照明』です。

照明の使い方で、その空間の雰囲気は変わりますし、点灯していない昼間は、オブジェとしても存在感を出してくれますから、インテリアとしても欠かせないアイテムですよね。

そんな照明の特集は、照明の達人やデザイナーから、料理をおいしく照らす明かりなど、読めば、照明の在り方がレベルアップする1冊です。

LIGHTING IDEAS
美しい照明術

昼はオブジェとして、夜は光と影が周囲の印象をガラリと変える…。照明は場の空気感を演出するインテリアの要。次に買うなら照明です! 今さら聞けない基礎知識から名作照明カタログ、スタイリング術までこれ1冊あれば完璧! 新しい照明ガイドの決定版を作りました。
●照明使いの達人たち
ミケーレ・デ・ルッキ
熊谷隆志
クリステーヌ・ルドルフ
ニーナ・ヤッシャー
●知っておきたい照明の三大巨匠
アキッレ・カスティリオーニ
ポール・ヘニングセン
インゴ・マウラー
●気分で選ぶ、今欲しい照明
●新しい照明の形を作るデザイナー
●世界の目利きが選ぶ、今、最注目のクリエイター
●建築家とインテリアデザイナーが住空間に選ぶのは?
●NEW LIGHT POTTERYに聞く、照明Q&A
●料理をおいしく照らす明かり
●買える! 世界の名作照明50カタログ
●照明コレクターのお部屋拝見!
●マニアも唸る、ヴィンテージショップ
●ヴィトラのキュレーターが復刻したい照明は?
●今も昔もクリエイターを刺激する、イサム・ノグチの《AKARI》。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

一人で集客活動をされている”年間20棟未満の工務店経営者”&”建築士”の方向けに、見込み客を効率的に獲得する方法をプレゼント!集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem