ZEHやスマートハウスでなければ売れないという幻想に振り回されない!

「ZEH」という言葉が「スマートハウス」に取って代わったのか、最近「スマートハウス」という言葉を聞かなくなったと思ったら、どうやら「スマートハウスは普及し、広く定着しつつある。なので、珍しくはなくなり、わざわざ強調されなくなった。」ということらしいです。

ただ、ZEHもスマートハウスも結局、業界の延長線上でしか生まれない発想なので、装置とか性能をどうするかだけの話なんですよね。

 ある住宅業界関係者は「発電装置や省エネ装置、HEMSのほか、高断熱といったハードにこだわりすぎると、住宅本来の美しさや住みやすさなどの基本的な機能がおろそかになる恐れがある」と指摘する。

前出の福田和幸・積水ハウス環境推進部温暖化防止研究所部長も「究極の省エネルギー住宅を目指すのなら、寒冷地域にあるような壁が厚い四角い家、しかも、窓が小さい家が良い。しかし、いくらエコや節約とはいえ、例えば、大きな窓で開放感のある家を望む人に、小さな窓の家で『我慢』を強いるようなことはあってはならない。ZEHのような省エネ住宅・スマートハウスの条件をクリアしつつも、その土地や購入者の好みにあった『住まい心地』をいかに実現できるかが重要になる」と語る。

家をコントロールする時代も近い。

劣化や損傷の位置やレベルを建物から発するデータで診断、迅速な補強・補修や復旧を行えるようにした住宅は、近々生まれそうですよ。

劣化や損傷を診断・補強・補修することを考えたら、バラつきの多い木材でなく、コントロールしやすい別の素材の方がいいのでは?と思ってしまいますが・・・

ITと建築の融合、可能性はどこまである?

2015.07.13

ただ、ZEHやスマートハウスでなければ売れないという幻想に振り回されず、ハウスメーカーが目指すスマート志向は、ハウスメーカーに任せて、地域工務店は独自の方向性を目指したほうが良いと思いますよ。小さな規模の工務店は特に。性能を疎かにするという意味ではなくて、そういったことに対する自分の軸を明確にしておくことですよ。

「多様なニーズに答えることが良い家づくり」という勘違いを捨てよう!

2015.02.10

やりたいことを貫き、その価値観に引き寄せよう!

2016.10.25

ハードもベンチャーの参入で選択肢が増えると面白い。

家をハードの面で考えると、木造か鉄骨かコンクリートかといった選択肢しかないですが、新たに選択肢が増えたらそれはそれで面白いです。建築家でコンテナ住宅はたまに見かけますが。

例えば、レンガの家を自動的に建設する「ヘイドリアンX」。普通の家なら2日で積み上げが完了するようです。

例えば、段ボールで50年持つ家など。

上記のような発想は、従来の住宅メーカー思考では、やらないですよね。(やる必要もないでしょうが)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

一人で集客活動をされている”年間20棟未満の工務店経営者”&”建築士”の方向けに、見込み客を効率的に獲得する方法をプレゼント!集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem