あなたの家づくりの生まれ方は、経験値?予測や想像?リサーチ?

先日、勧められて、映画「ヒロイン失格」という青春ラブコメディーを観ました。映画の内容は笑ってしまうほどのベタベタ感満載で、さらには、その主題歌にもなっている西野カナさんの「トリセツ」もベタベタでした(笑)

でも、彼女の歌(特に歌詞)は、10代〜20代の女性が共感すると言われ、多くの女性からの支持を集めているのです。確かに、「トリセツ」を初めて聴いた時、男性なので、歌詞の内容にちょっとしたウザさを感じましたが、何度か聴くと、ジワジワくるものがあります。

なぜ、10代〜20代の女性に共感される歌詞なのか?

西野カナさんの「トリセツ」の作詞は、発売当時、話題になっていて、そのポイントが解説されていました。そのポイントとは、

  1. 企画書を作成する
  2. アンケート調査を行う
  3. ファンに寄り添う

1)で、まず「曲のコンセプト」を決めるところから始めます。そして、決まったコンセプトに合わせて、登場人物や場面の設定を行うとのこと。

2)のアンケート調査では、決めたコンセプトや登場人物・場面の設定に基づき、周りの人に体験談や気持ちの変化などをヒアリングし、エピソードを集めるようです。これをすることで、より歌詞に具体性や説得力が生まれてくるわけです。

3)は、ファンレターなどをチェックし、ファンの言葉や気持ち、エピソード、リクエストなどの動向に沿って、歌詞に反映していくんだそうです。だから、ファンはリアルな体験と重ねあわせやすくなり、共感を呼び起こしているとのこと。

これらの流れを一言で言えば、「ターゲットを絞る」ということですね。

そのターゲットとは、10代~20代前半の女性だと思われるので、ターゲットから大きく外れている男性陣には、まったく共感できないのも無理ありません(笑)さらには、3)など、「顧客のニーズを知り、その顧客の満足度を高める」という視点を欠かしていないですよね。まさに、西野カナさんの作詞作業って、企業の商品開発に近いものがありますよ。

素晴らしいんですが、個人的に、何か足りないモノを感じるんです。

・・・それは、「個(個性)」です。

個(個性)を感じる表現

10数年前、同じように10代~20代前半の女性の共感を得ていたのが、浜崎あゆみさんです。

初期の浜崎あゆみさんの歌詞には、悲壮感が満載だったりします。確か、当時の自分の心情を描いていたと、後のインタビューで語っていたような。今聞いても、当時の彼女の個(個性)が見えてくるんですよね。(個人的な感覚なのかもしれませんが・・・)

悲壮感とは、悲しい出来事のなかで、雄々しく立派に振る舞うようす。また、悲しい出来事にあい、心を奮い起こすようす。

さらには、きゃりーぱみゅぱみゅさん。

この表現は、リサーチでは生まれてこないでしょう。周りの声より、自分たちが何を表現したいかという気持ちの方が強いですよね。(正確には、きゃりーぱみゅぱみゅさんというよりは、美術は増田セバスチャンさんで、作詞作曲は中田ヤスタカさんですが)

経験値か、予測や想像か、リサーチか

作詞作業のように、情報発信や家づくりそのものも、人それぞれによって様々なノウハウがあると思います。

自身の体験や考え方に基づく方法もありますし、予測や想像を膨らませ、自我に従う方法もあります。そして、リサーチによって、要望に沿う方法もあるわけです。

もちろん、それぞれに一長一短あります。例えば、リサーチに頼りすぎると、個性が薄くなると感じています。さらには、自我を強く押し出し過ぎると、その個性で、施主の利益を阻害することも少なくありません。そして、経験値に頼りすぎると、新たなことに目が向けられず、狭い視野になりかねません。

  • 経験値
  • 予測や想像
  • リサーチ

何か一つ秀でているか、バランス良くこなすか。あなたの家づくりはどのように生まれますか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

一人で集客活動をされている”年間20棟未満の工務店経営者”&”建築士”の方向けに、見込み客を効率的に獲得する方法をプレゼント!集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem