2017年の家づくりは、リビ充=多機能化!?

リクルートが、「2017年のトレンド予測」の住まいのトレンドキーワードとして、「リビ充家族」をキーワードに挙げています。

「リビ充家族」とは、リビングを最大に広げて多用途に使い、空間は共有しながらも各々が充実した時間を過ごす、ということを表す言葉のようです。

リビングを最大に広げて多用途に使い、空間は共有しながらも各々が充実した時間を過ごす「リビ充家族」が増えてきている。今年の調査によると、「リビングの広さ」を「妥協したくない・確保したい」と思っている家族は7割近く存在する。それに対して、「主寝室の広さ」にこだわる家族はわずか2割と、間取りにおいては「リビングMAX化、個室min化」が進んでいる。

住宅領域における2017年予測

リビ充家族

「リビ充」でいいんでないでしょうか。「家族」が付くと、ちょっとダサいですね(笑)

リビ充の背景には、リビングの役割が「テレビ中心のくつろぐ場」から、仕事・勉強・遊びなど「家族それぞれの時間を過ごす多機能空間」へ変化していることが挙げられています。「個室min化」とあるように、予算内で余分に個室をつくれないため、空間を共有する傾向が段々と強くなってきているんですよね。

さらに、元々「個室はあるものだ」という先入観から、「なくても、こうすればいい」という建築家などの専門家の提案で、空間を共有して使うことに気付いたりして、空間の多機能化が少しづつ浸透してきた結果でしょうか。

ただ、下記のような後付パーツは、まだまだ一般的ではないですよね・・・こういうの好きなんですけど、個人的な予測だと、大勢には受け入れられず、流行らないと思っています。DIY以下の流行り具合かなと・・・面倒くさいし、なくても困らないですからね。

リビ充を支援する後付パーツ

キッチン・ダイニング・リビングにとらわれすぎる住宅業界

初めて住宅業界に足を踏み入れた時、不思議だったのが、

  • キッチンは料理するところ
  • ダイニングは食べるところ
  • リビングは団らんの場所

という固定概念でした。役割で考えたら、食べるところが団らんの場所でもいいわけですし、料理するところで食べてもいいわけです。空間の共有、つまり、脱LDKの発想ですね。

間取りをLDKで考えると、「何帖なければいけない」と思い込んでしまうため、家は大きくなりやすいんですよね。そして、見積もりの構造上、大きさが予算に比例します。でも、予算的な問題から、家を大きくすることって厳しいんですよね。

だからこそ、35坪の広さが必要だと思い込んでいる人に、30坪でも暮らせる提案力って必要だと思いますよ。それには、設計力の他に、多機能化も求められますよ。1つのモノで複数の機能がまかなえると、コンパクトな空間になりやすいですからね。

35坪の広さが必要だと思い込んでいる人に、30坪でも暮らせる提案をできるかどうか?

2016.02.08

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。