『家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。』だけど、『本音で暮らさない限り、宝石のように輝きはしない!』

2015年にお亡くなりになられた、建築家・津端修一さんという方がいらっしゃいます。正直勉強不足であまり詳しくは存じ上げないのですが、アントニン・レーモンド、坂倉準三の事務所を経て、日本住宅公団で、「阿佐ヶ谷住宅」「多摩平団地」などをはじめとする多くの団地の設計を手がけられた方です。1969年には、高蔵寺ニュータウン計画で、日本都市計画学会石川賞を受賞されています。

その津端修一さん90歳と英子さん87歳、建築家夫婦の日常を描いたドキュメンタリー映画『人生フルーツ』が、今年1月2日から、東京のポレポレ東中野で公開されています。日を追って、他の地域でも公開されます。

二人のていねいな暮らしを追った東海テレビの番組『人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり』を経て、映画化されたようです。ナレーションを務めるのは女優の樹木希林さん。

高度経済成長時代の団地の設計なので、とりあえず建物(=ハコモノ)を建てるハコモノ主義なのかと思いきや、本人の考えは違ったようです。

自身が手掛けた高蔵寺ニュータウン計画は、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指した計画でしたが、1960年という経済優先の時代がそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地なってしまいます。

それを機に、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育て始めます。平らに均された敷地にわずかでも里山や雑木林を取り戻したいという思いで、自給自足の暮らしの傍ら「自由時間評論家」と名乗って活動されていたようですね。

自邸は、津端さんが設計した愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一角にあり、師である建築家アントニン・レーモンドのかつての自邸を模した家とのこと。そして、その自邸は、妻の英子さんと育んだキッチンガーデンに囲まれています。70種の野菜と50種の果実で彩られたキッチンガーデンは、和製ターシャ・テューダーの雰囲気がしますね。

家のあり様に、ひとつの答えしかないのは、つまらなさすぎる。

巨匠ル・コルビュジエの言葉『家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない』の言葉を、自分なりになぞるなら、「本音で暮らさない限り、宝石のように輝きはしない」だと思います。何も考えられず与えられたハコに、何も考えず住むだけなら、何に住もうが一緒のこと。だからこそ、本音で暮らすべきです。その本音を叶えるのが、家づくりのプロの仕事。

映画『人生フルーツ』で描かれているのは、津端修一さん90歳と英子さん87歳の建築家夫婦の暮らし方です。歳を重ねたからこそ表れている豊かさがあります。ですが、これはあくまでも、津端夫妻の答えです。皆が同じようにこの暮らしを実践すべきとは思いません。本音はそれぞれで違うはずです。また、修一さんが亡くなられた後、英子さんのその後の暮らし方は、ふたりで積み重ねた歳月を経たひとり暮らしですから、これまでとは違う変化があるのでは?

津端さんの本は、古いものは絶版していて、高値が付いてしまっていますが、昨年出版された「ふたりから ひとり」が映画の内容と重なっています。

ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~

ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~

  • 作者:つばた 英子,つばた しゅういち
  • 出版社:自然食通信社
  • 発売日: 2016-11-26

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

メールマガジンも合わせて購読ください。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。