家づくりは所有物(モノ)との距離感を再認識できる良い機会

家は立派なのに、家計が苦しい。物が捨てられないと、そういうケースを引き起こすみたいですね。

所有物(モノ)との距離感を再認識できる良い機会

家を建てる機会って、『所有物(モノ)との距離感』を再認識できる良い機会でもあるので、間取りで悩む以前に、見つめ直すべき事柄なんですよね。今の家にあるものをそのまま新しい家に持ってこようなんざ、楽しむことのできない相当な無駄です。

間取りの広さで、本当に必要な広さは誰もわかっていない。という話と同じように、何が必要で何がいらないかなんて、全てをわかる人なんていません。住まい手側もなんとなく必要かもで捨てないケースは多いです。

だからこそ、片付けノウハウよりも先に、何が必要で何がいらないか、そして、要るモノとの距離を再認識した方がいいです。全てが自宅にある必要もないし、「minikura」などのレンタル収納もかなり種類が増えてきて、安く使えますので活用すべきですよ。つくり手側もそういう提案をしていきましょう。

坪60万円の注文住宅だとして、収納に2坪のスペースをとったとしたら、正確には少し違いますが、単純計算で120万円ですか・・・罪深く、そして高い収納だ(笑)

生活する上で、なんらかのモノで囲まれている現代ですから、必要な空間も、モノから生まれると言っても過言ではない気がします。だからこそ、モノ(所有物)との距離感は、間取りよりも先に、再確認すべきですね。

ミニマリストは暮らしのアスリートだから注文住宅は建てない!?省くべき無駄と楽しむべき無駄を見分けよう!

2015.11.05

35坪の広さが必要だと思い込んでいる人に、30坪でも暮らせる提案をできるかどうか?

2016.02.08

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。