均一化されはじめている家の表現に、アートで一石を投じよう!

オシャレな芸人といえば、「おぎやはぎ」のお二人だと思っていますが、なんでも矢作さんはアート好きだそうです。その矢作さんが、アートをキュレーションした展覧会が、2月1日~12日まで開催されています。

場所は、寺田倉庫 T-Art Galleryです。同じ住所に建築倉庫ミュージアムもありますね。

本展は、アートシェアリングサービス『ART STAND』の絵画約6000点の中から、矢作さんが選んだアート作品を見ることができる展覧会です。WEBでも、その一部がご覧いただけます。「YAHAGI’s SENSE展 WEB公開バージョン」

アートもシェアする時代に

『ART STAND』は、日本初のアートシェアリングサービスです。アートをレンタルできるだけでなく、アーティスト側は、作品を預けることもできます。

アートって、価格も含め敷居が高いですから、気軽にレンタルして、アートを楽しむことができるのはいいですね。レンタル料金も、月額1,980円からというリーズナブルですよ。

均一化されはじめている家の表現に、アートは一石を投じる!

家の場合、素材は類似品もあるため均一化されやすいですし、意匠デザインですら均一化されはじめています。もはや、カタチだけで個性を出すには厳しいですよね。

そこに一石を投じるのが、アートだと思っていますよ。外壁にアートを反映した住宅だと、より豊かな印象になりやすいですからね。ただ、実践するには、つくり手側も住み手側もアートに価値を感じていることが求められてきますね。さらには、アーティストのセンスもいりますね。ハイレベルなマッチングですが、実現したらかなり面白いです。

住まいにアートを加える参考に。「現代アートと暮らしたい!」BRUTUS (ブルータス) 2016年 11月1日号 No.834

2016.10.18

外壁にアートが反映された住宅は楽しい家になりそう!

2014.06.14

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。