事実や出来事の背景を伝えて価値を高める!

「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」をはじめとする、CGアニメーションで有名なピクサーが、無料オンライン講座「Pixar in a Box」の新シリーズとして、ストーリーテリング(物語制作)の講座「The Art of Storytelling」を開設しています。

講座の内容は、感情に訴える物語の作り方やキャラクターや世界設定の考え方などですから、ピクサーの物語制作の方法を共有できるので、注目度はすごく高いです。

ストーリーテリングとは、伝えたい思いやコンセプトを、それを想起させる印象的な体験談やエピソードなどの“物語”を引用することによって、聞き手に強く印象付ける手法のことです。

The Art of Storytelling

ただ、、、全編英語です(笑)Youtubeの自動翻訳で日本語設定にしてご覧ください。

商品にストーリーがあると、購買行動に影響がある!

数年ほど前からビジネスや集客においても、ストーリーテリングの重要性が言われてきています。商品にストーリーがあると、購買行動に大きく影響あるとされています。だからといって、作家のような創造力は必要もなくて、誰だってストーリーを語ることはできます。

事実や出来事の背景を描く=ストーリー

ストーリーと言っても、作家のような創造性あふれた話を書くことではなく、事実や出来事の背景を描くのがシンプルな方法です。

  • 住宅の仕事を始めた代表者の想いやそのキッカケ
  • 会社で働く人たちの働き方、働く理由
  • どんな人たちが設計や施工の背景
  • 仕事での乗り越えた困難

など、ゼロから創作する必要はなく、今ある事実を掘り下げればいいだけなのです。

例えば、現場のチェック(配筋検査)の話でも、ただ「配筋検査をした」という事実だけでなく、

子どもが生まれたので、お風呂など手伝いたいんです。

だから、仕事を早めに切り上げて、早く帰りたいんです。
でも、仕事が間に合わないので、朝早くから仕事しないと、
早起きして、始発で事務所に行かないと!!!

そうは思ってるんですが、この仕事柄なかなか実践は難しいですね・・・

でも今回は、家からすごく近い現場の配筋検査があったので、
早朝から、暗闇での配筋検査に行ってきました。
始発前ですので、当然外は真っ暗です。

など、起こったことをただ描写するだけでなく、心情や背景にあったことまで連想させると、よりストーリー性を感じることができます。同じ事実や出来事でも、どう表現するかによって、一気に世界観が形成されるんです。

すでに今ある事実や出来事が、ただの事実や出来事として埋もれていないか、見つめ直してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。