感情で判断してはいけない

会社員時代からも
含めての経験ですが、

感情で判断すると
たいてい失敗します・・・

例えば、共感できるので
応援したいからといって、
サービスであれこれやってしまうと、

それが当たり前と捉えられてしまって、
サービスを終えた普通の状態では
不満が投げかけられます・・・

そして、ぶつかります(笑)

そこで、ダメになるケースもあれば、
理解していただいて、
再スタートするケースもあります。

元をただせば、感情で判断した
自分が悪いんですが(笑)

そんな時、気分転換に読んだ
マーケティングの本で、
改めて気付いたことがあります。

「リスト」とか「リード」とか
「コンバージョン」とか、

マーケティング用語って、
感情がないんですよね(笑)

日本語で訳しても、
なんとなく冷たいんです。

やはり、経営的なことって、
最終的には数字で判断しますから、

感情のない客観的な判断が
求められるんだろうな、

だから、「リスト」という言葉で
表すんだろうなと感じましたね。

でも、数字に関しては、

小さな会社や組織・個人ほど、
お金のことでなくても、
目を背けたがります。

例えば、、、

ホームページを
リニューアルしたのに
資料請求がない。

ブログを始めた・・・
アクセス数が伸びない。

メルマガを始めた・・・
登録が少ない。

当たり前のことですが、
小さく始めると、
数が少なくなるのは当然です。

でもその結果、その数字の小ささに
目を背けたくなるんですよね・・・

そもそも数字すら
出してない場合もありますよ。

改善のキッカケは
そこにあるにも関わらず・・・

アクセス数が少ないなら、
増やす必要があるし、

アクセス数多くても、
反応がないなら、
反応率を上げることが必要です。

さぁ、数字と向き合ってみましょう。

もちろん、
目に見えない価値もありますが、

それは数字という土台の上に
存在している気がしますよ。

http://dtoac.com/blog/20170222/29141

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。