顧客は断りやすい方を断るが、それ以上に断らない人はたくさんいる。

先日、飲食店の店長をしている知人からこんな話が、、、

「一年くらい働いてたバイト(男)が、急に来なくなっちゃって・・・」「電話にもでないし、LINEも既読にならない」

働き始めた新人には、よくあることらしいですが、1年以上も働いてきてて、それなりにシフトも入ってて、お店で特に何かあったわけでもなかったとのこと。もしかしたら、一人暮らしなので、家で倒れているのでは?と心配したそうです。そして、2~3日後、大家と警察に立ち会ってもらい、呼び鈴をならしても出ないから、アパートの部屋の鍵を開けてもらったら・・・

普通に部屋にいたんだそうです(笑)

「忙しくて、電話もLINEもできませんでした。」との返事。「以降のシフトは出れるの?」と聞くと、「わかりません。」との返事だったそうです。店長曰く、鬱っぽく感じたから、責めることはしなかったそうですが・・・もしかしたら、バイトの彼は、他にやりたいこととかあるのかもしれません。

多分ですが、バイトの彼は、「断らない人」なんでしょうね。断らずに、逃げてしまうタイプ。

断らない人はたくさんいる

でも、こういうタイプって、たくさんいますよね。仕事でもこんなことありませんか?

  • 見積もりを提出しても返事がない・・・
  • 依頼できるか伺いをたててきたにもかかわらず、それに対して返答がない・・・
  • こちらからYESかNOか伺って、ようやく返答される方もいますが、無視で返答しない人もいます。

それらは、暗黙の了解で、「ナシ」なんだなと感じ取りますが、いい気持ちにはなりませんよね。多分、断りの返事を出したら、相手が嫌がったり、逆ギレしたりと、ネガティブに思ってるんでしょうかね。

だから、「断る」ことに、気が引けてしまうんです。

でも、今回縁がなければ、サッと断って、次回の縁につなげた方がお互い心地良くありませんか?その方が、お互い、次の一歩を踏み出しやすいですしね。

顧客は断りやすい方を断る

「断り」の話でもう一つ。

比較するほど、A社もB社も甲乙つけがたい状況の場合、「顧客は断りやすい方を断る」という心理があります。そのエピソードが下記の記事で紹介されています。

無難な選択肢は、「新規の会社の提案内容を既存先にそれとなく漏らして、安心できる既存先に発注する。まだ人間関係のない新規先の方が断りやすいし、理由をつけて断っておく」となるわけです。

大半の人が「断る」ことにネガティブなイメージを持ってるんですよね。だから、傷つけないよう言い訳を考えるんですが、ハッキリ断ればいいんですよ。返事はハッキリしたほうが、お互い気持ちよく次に進めますし。

顧客は断りやすい方を断る心理もありますが、それ以上に断らない人はたくさんいますよ。新規客の「検討します。」ほど、いい加減な返事はないと思っています。大体、返事無しで消えますからね(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。