戸建ての宅配ボックスは、玄関アプローチの設計と絡んだ提案になる。

元横浜市長の中田宏さんの動画チャンネル、時事ネタを3~4分ぐらいの動画でコンパクトにまとめて話しているので、わかりやすくて、たまに拝見します。

先日は、宅配便の再配達問題について、さくっと語っていました。住宅絡みでもあるのでシェアします。

  • 宅配荷物がネット通販の影響で増えている。
  • ”大口割引”で数が増えても、単価が下がっている。
  • その結果、人手不足が拍車が掛かる。
  • 労働組合は「賃金アップを」と「勤務間で10時間以上のインターバルを」の訴え。
  • 運送業全体の人件費は少しずつ上がり、その分、会社の収益が圧迫される状態になる。
  • 届けても不在のため持ち帰る再配達率は19.1%、約7億個以上は”ムダに運びになっている。

再配達は配達側も面倒くさいでしょうが、受取る側も結構面倒です。お互いストレスを感じることなんですよね。宅配ボックスがあるマンションや戸建てに住んでいるなら、まだ再配達を防げますが、書留とかホント止めてくれって思います。宅配員に会いたくないですし。

また、アパートは宅配ボックス自体ないですよね。あとマンションによっても、宅配ボックスの数が少なかったり、小さかったりすると、結構使えないです(笑)3年位前、地方のマンションに住んでいた時、宅配ボックス付き物件を探すのに苦労しました。個人的感覚ですが、地方の賃貸は宅配ボックスの設置率は低いですよ。

注文住宅では、宅配ボックスの設置だけでなく、玄関アプローチの提案も必要!

福井県あわら市やパナソニックが発表しているデータでは、宅配ボックス設置により再配達率49%から8%に減少したようですよ。

地方ほどネット通販は増えるでしょうし、上記の例を見ても、設置は必ずといっていいほどした方がいいですよ。

ただ、設置箇所が気になりますね。

雨ざらしに外に置いておくのは、なんだか嫌です・・・宅配ボックスの耐久性が心配というより、取り出す時の中の商品が気になってしまいます。屋根もなく雨の中、取り出すのは嫌ですよ・・・

もう少し設置方法をデザインすべきですね。商品のプロダクトデザインは、大手のよくあるベーシックデザインなので、ただ設置しただけでは野暮ったい感じが否めません(笑)この辺は、外構というよりは、玄関アプローチ絡みの設計になってきますから、家のつくり手側の腕の見せ所だと思いますよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。