建築も素人革命の兆し?3Dプリンターで家1棟が完成!

ロシアでは、3Dプリンターを使って、1日とかからず建物を3Dプリントすることができたとのこと。極寒の地なので、気密性や断熱性は求められるでしょうから、その辺りの基準もクリアしてそうです。また、曲線を出しやすいのもいいですね。

作業CADなので、ポリゴン感出まくりです(笑)

3Dプリンターはトラックで現場に持っていきます。4tぽいですね。

3Dプリンタ自体の大きさは、最小が横4m縦1.5mで2tの重さ。

プリンターの筒の中に、材料をまぜるミキサーが内蔵されているようです。今回の材料はコンクリート。

そして、組み立てて1時間ほどで、作業を始められます。

形が出来上がったら、窓をはめたり、

断熱材を吹き付けたり。3Dプリンターには発泡系と相性が良さそうですね。

窓のコーキングも。

外壁の塗装も。平屋だから簡単にできてしまいます。

38㎡(約11.5坪)で、約120万円。坪当たり約10.5万円。

この建築費用には基礎、屋根、内外装仕上げ、壁、窓、床、天井と、建物の基本部分が全て含まれており、既存の工法で作られる一般的な箱形の住宅に比べて平米単価で223ドル(約2万5000円)も安く、45%も建築コストを抑えられるとのこと。

多分、付帯工事費は含まれていないと思われます。ですが、付帯工事費が別途掛かるとしても、かなりのコストダウンですね。

ただ、建物そのものの強度は大丈夫でしょうが、コンクリートの場合、鉄筋が入っていないので、耐震性は気になるところです。

建築にも素人革命が加速し始めていますね。素人革命とは、今までプロや専門家だけの独占された市場に、ITや技術の発達により、未経験の素人が参入してくることです。

ここで言うなら、プレカットでしょう。普通に参入するのは難しいですから。

本来は、大手プレカット工場とかが先駆けて取り入れてもおかしくないんですが、多分、木材加工機へ投資した分の既存利益を守る方へいくでしょうね(笑)ガソリンエンジンの参入障壁にしがみついて、なかなか電気自動車に手を出さなかったトヨタみたい感じになりそうです(笑)

既存の古い流れに沿って素人に参入されると、邪魔感満載で結構面倒くさいのですが、こういった新しい動きの中で、素人が参入するのは大賛成です。

日本で3Dプリンタ住居に動きがないのは、日本はプレハブに対して否定的だから?

2016.03.05

3Dプリンター作られた住宅は日本円で30万~50万円!?

2014.05.20

3Dプリンターなら住宅10棟を24時間で建設!

2014.04.21

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。