素材があるから編集も活きる!代行できない素材「写真と言葉」にチカラを入れよう!

週刊少年漫画雑誌の表紙って、一見ガヤガヤしてるかと思いきや、インパクトがあって目に留まりやすいんですよね。

週刊ジャンプの表紙

それぞれのキャラクターは漫画家が描いた素材ですが、それをどうレイアウトして魅せる表紙にしているか、昔から気になっていました。

下記動画で、週刊少年ジャンプの表紙デザインを手がけるバナナグローブスタジオの、レイアウト作業している様子が公開されています。

動画は早送りですが、ちょこちょこと微調整しながら整えていく様子がうかがえます。

住宅業界でも求められるエディトリアルデザイン

読み手の視線、意図を考えて、視覚的に効果的な図や写真等を整理・配列・編集あるいは計画するデザインを、エディトリアルデザイン(editorial design)と呼びます。

このスキルは住宅業界でも結構求められますよ。このスキルがあれば、カタログも、素材が写真と文字だけでも、きちんと構成すれば良いものになります。

もちろん、代行できる会社に頼むのもありですが、カタログなら、下記のようなサービスを使うのもありです。

それ以上に求められる素材「写真と言葉」

編集するチカラ=エディトリアルデザインは大事ではありますが、もっと大事なのは、素材です。冒頭のジャンプにしたって、漫画家が生み出したキャラクターが素材としてあるから、編集も活きてきます。

なので、素材にはしっかりとチカラをいれて、レベルをあげてほしいと思います。

素材となる写真は、カメラマンの選定や、建物だけでない暮らしている様子を写し、表現の質を上げる必要があります。撮影そのものは代行できても、たとえ良いカメラマンでも、被写体となる暮らしが魅力的でないと意味を成しえませんので、住宅だけでなく、魅力的な暮らしの提案をしていくべきですよ。

素材となる言葉は、写真の魅力をより引き出し、自分の言葉でしっかり伝えられるコピーライティングのチカラが求められます。「自分の言葉で話し、自分の言葉で書いて、自分の言葉で伝える」ことは基礎中の基礎ですよ。

伝わるデザインを学べる本『なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉』

2016.04.19

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。