日本のダサいソーラーパネルにおさらば?「TESLA Solar Roof」

電気自動車で有名なTESLA(テスラ)が、ソーラーパネルに参入してきましたよ。「TESLA Solar Roof」です。去年、発表されていたので気になってたんですよね。ただ、まだ「TESLA Solar Roof」の公式サイトを見ても、日本からはリダイレクトで他のページへ飛ばされます。

テスラで販売している、一般家庭に必要な電力を供給できる「パワーウォール2」への電力供給も絡んでますね。「TESLA Solar Roof」で発電したエネルギーを自家消費したり、緊急時用のバックアップ電源にしたりできるようになっています。

「TESLA Solar Roof」は、通常のソーラーパネルの様に、屋根の上に設置されるパネルとは違い、これまでのソーラーパネルみたいな野暮ったさがなく、スマートなデザインとなっています。屋根タイル一体型太陽光パネルです。

プレゼン動画では4つの屋根タイルを紹介しています。どれも普通の屋根と見分けがつかないぐらいの一体感がでています。

さらに、使用しているテスラのガラスタイル(一番右)は、テラコッタ、クレイタイル、スレートタイルと比べても、強い耐久性を誇っています。

しかも、この屋根の設置費用は従来型の屋根を新しく設置するよりも安くなる・・・らしいです。

屋根一体型ソーラーパネルは、すでに日本でもありますが、ダサイんですよね(笑)日本のソーラーパネルと比べたら、意匠面では断然テスラです。従来のソーラーパネルとほぼ同じ効率で発電できて、コストも従来の屋根より安くなるなら、Amazonリフォームのような既存商品の仲介ではないので、日本でも普及すると思いますよ。

停滞マンネリ化した住宅分野でも、資本がある豪腕イノベーターが開発部分まで参入してくると面白くなりますね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。