あなたが提供できる「お金で買えない価値」とは?

「モノからコトへ」「モノ消費」「コト消費」という言葉、ここ数年ずっと言われ続けています。つまり、機能的な価値を提供するだけでは選ばれにくくなってきているということなのですが、「モノ消費」「コト消費」を自分なりに解釈すると・・・

モノ消費とは

商品の所有や、商品・サービスの機能や性能に価値を感じた消費。誰にでも共通する客観的な価値になりやすいが、当たり前すぎて価値と感じてもらえない。モノ消費で得られる満足感は、慣れやすく、比較が起きやすいため、満足感が下がりやすい。また、コミュニケーションが希薄で、関係性が築きにくい。

「三種の神器(冷蔵庫、洗濯機、白黒テレビ)」や「3C(カラーテレビ ・クーラー・自動車)のような商品が家庭に足りてなかった時代に勢いがあった消費ですね。

コト消費とは

商品やサービスにより、得られる体験や時間に価値を感じた消費。自分の中で、品質やパフォーマンスの最低基準を設定するため、その基準を満たしていれば、十分に満足感を得られる。また、状況や出来事などのエピソードにより他にはない記憶が残り、得られる満足感に比較が起きにくく、満足感が持続されやすい。また、同じ体験をすることで、関係性が築きやすい。

住んでからの幸福度を高めるには、家づくりに『体験=経験』を加える!

2016.03.11

集客においても、価値提供においても、「コト消費」が鍵を握っていることには間違いないのです。とはいえ、ものづくりの業界の方にはイマイチ理解しがたい内容かもしれませんが、

”コト”の部分を簡単に考えるなら、「お金で買えない価値は何なのか?」ということです。

あなたが提供できるお金で買えない価値とは一体何なのでしょうか?

お金で買えない価値がある、買える物は・・・

「お金で買えない価値がある、買える物はマスターカードで」というフレーズは、クレジットカードのマスターカードがキャンペーンとして1999年からCMで使用していた言葉です。マスターカードのCMは、今から20年近くも前に「モノ消費」と「コト消費」の訴求をうまく使い分けていました。

うろ覚えですが、当時はクレジットカードと言えば、日本ではVISAかJCBのイメージが強かったのですが、このフレーズで一気に知名度が上がった気がします。

では、お金で買えない価値とは一体何なのか?マスターカードのCMを集めてみました。

ゲーム編

  • 勇者のノートパソコン:¥170,000
  • ドラゴンのスーツ、まほうのカバン:¥95,000
  • 夢と冒険のはじまり:priceless

キャンプ編

  • マスターカードで買ったガスランタン:27,000円
  • 探検用のペンライト:6,000円
  • ちょっと広めのテント:45,000円
  • テレビもケータイもいらない夜:priceless

 

  • 父に気に入りの地酒:7,000円
  • 母にカシミヤのショール:20,000円
  • いちばんのみやげ:priceless

 

  • モロッコで買った何か:200ディルハム
  • チュニジアで食べた何か:15ディナール
  • ポルトガルで飲んだ何か:3ユーロ
  • 言葉の通じない国で出会った何か:priceless

 

  • 虫歯治療:2,500円
  • 精密検査:9,000円
  • 骨折治療:3,000円
  • 元気に働けること:priceless

 

  • 新聞代:3,930円
  • 電気代:3,800円
  • ガス代:2,770円
  • ちょっと進んだ生活:priceless

 

  • 初めてのブルーのユニフォーム:¥5,300
  • 初めてのフェイスペインティング:¥1,800
  • 初めてのサポーターフラッグ:¥2,800
  • その熱い想い:priceless

 

  • はじめての釣竿:¥9,500
  • ちょっと大きめの長靴:¥8,200
  • おそろいのベスト:¥17,000
  • 釣り仲間ができた日:priceless

 

  • 現地でアップグレードしたコテージ:360ドル
  • ついつい買ってしまったペアルック:130ドル
  • 突然二人で乗りたくなったレンタルバイク:15ドル
  • いっしょに走ってきた25年間:priceless

 

  • 真紅のサリー:8,000ルピー
  • アーユルヴェーダ:3,000ルピー
  • アンクルベル:600ルピー
  • 新しい自分に目覚めること:priceless

 

  • にんじん・じゃがいも:218円
  • たまねぎ・豚肉:538円
  • ドッグフード:570円
  • 今日のお買物:1,326円
  • ゆっくり散歩ができること:priceless

 

  • 娘が選んでくれたドレス:820ドル
  • お父さんへのおみやげの万年筆:320ドル
  • 初めてのジャズクラブ:200ドル
  • 大人同士の夜:priceless

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。