住宅作家という肩書き

「住宅作家」という言葉をご存知でしょうか?

建築家と同じように肩書の一種なのですが、建築家と言えば、

  • 安藤忠雄さん
  • 磯崎新さん
  • 伊藤豊雄さん
  • 隈研吾さん

などを始め、名乗っている方はたくさんいらっしゃいます。

その類とは少し異なり、「住宅作家」と呼ばれる人たちがいます。住宅をメインに設計をする人を指すようですが、ただ、住宅作家の定義が、Wikipediaでも大した内容が載っておらず、言葉の定義が難しいのです。

ささっと検索すると、住宅作家には、吉村順三さんとか、宮脇檀さんが例に挙げられています。でも、設計事例に住宅以外が結構多いんですよね。林雅子さんの場合は、住宅の事例が多いですね。他にも住宅のイメージが強い方はいるのですが、なぜか「建築家」と呼ばれています。

やはり、建築家と呼ばれたいから、「住宅作家」と呼ばれることを嫌ってるんでしょうかね。大きな商業施設などに比べたら、住宅なんて規模も設計料も小さなものですから(笑)また、「住宅作家」という言葉は、「建築家」という言葉に比べると、語呂が悪いのかポテっとした感じが否めません(笑)

その他だと、最近だと、ASJ(アーキテクト・スタジオ・ジャパン)などの、建築家ネットワークサービスが影響して、建築家という言葉の方が印象強いのでしょう。メディアでも建築家という言葉が一般的ですからね。

Googleトレンドで、「住宅作家」「建築家」「建築士」「設計士」の検索動向調べてみると、ネット上で、「住宅作家」という言葉がいかに使われていないかがわかります。

「作家」という言葉の使い方がおかしい!?

住宅家ではなく住宅作家、建築作家ではなく建築家なのは、なぜなんでしょうかね???

住宅作家という言葉だと、作家の種類のひとつとして、物書きのイメージがしてしまうのですが、実は「作家」は、物書きだけの肩書きではないんです。

作家(さっか)とは、芸術や趣味の分野で作品を創作する者のうち作品創作を職業とする者または職業としていない者でも専門家として認められた者をいう。 芸術家に含まれる者の多くはこの意味での作家であるが、職種・肩書きとして、○○作家と呼ぶかどうかは、すでに固有の職業名称が確立しているか否かによる。wikipedia
  • 絵本作家
  • 人形作家
  • アニメーション作家
  • 映像作家
  • 造形作家

などのような物書き系以外の作家業があるように、「住宅作家」という言葉の使い方であっているようですね。

すでに商標が登録されている「住宅作家」

「住宅作家」という言葉は、とある工務店が下記項目で商標を登録しています。

  • 37 建設工事,建築工事に関する助言
  • 42 建築物の設計・測量,デザインの考案,建築又は都市計画に関する研究

ただ、これらの商標は、商品や成果物に対してのものだと思いますので、

  • 建築工事そのものを「住宅作家」と名付けたらアウト
  • 建築工事に関する助言のサービスなどに「住宅作家」と名付けたらアウト
  • 建築物の設計・測量の名称を「住宅作家」と名付けたらアウト
  • デザインの考案を「住宅作家」と名付けたらアウト
  • 建築又は都市計画に関する研究を「住宅作家」と名付けたらアウト

ということだと思われます。(弁理士ではないので、確実ではないですが・・・)だから、肩書に使う分には問題ないのではないでは?

例えば、サービスや商品、メソッドに使わず、

  • 住宅作家・井内智哉

と名乗る分には、問題ないのでは?また、「住宅作家展」というイベントもOKかと。

住宅がメインなら、建築家より住宅作家を名乗りませんか?

多分、このブログを読まれている設計事務所の方のほとんどが、住宅がメインだと思います。なので、建築家と名乗るより、住宅作家と名乗りませんか?これもおおっざぱですけど、差別化の一つです。

住まいも多様化してきていまし、住まいの在り方が様々あることで、昔に比べて住宅設計の位置付けって上がってると思うんですよね。だから、過去の住宅作家像にとらわれず、そろそろ新たな住宅作家像を築く時代だと思いますよ。

建築より住宅が好きなので・・・

個人的には、建築にはそこまで興味ないんです。小難しい建築論とか語られると面倒くさいと思ったりします(笑)でも、住宅に関しては、注文住宅だけでなく、カプセルホテルとか、3Dプリンタとか、幅広く興味があります。

なので、「建てない建築家」の方が何人かいらっしゃるように、「建てない住宅作家」を肩書として名乗ろうかなと・・・名乗れば誰でもなれますからね(笑)

住宅作家になるためのノート (建築文化シナジー)

住宅作家になるためのノート (建築文化シナジー)

  • 作者:泉 幸甫,吉原 健一,須永 豪,安井 正
  • 出版社:彰国社
  • 発売日: 2008-11

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。