【感想】箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言

箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言

箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言

  • 作者:松村 秀一,森田 芳朗,江口 亨,権藤 智之,佐藤 考一
  • 出版社:彰国社
  • 発売日: 2013-11

 

この本、住宅に関わる方には読んでほしいですね。特に、高度経済成長を知らない若い世代に。本書には、時代を支えたプレハブメーカーとして、

・大和ハウス工業
・積水ハウス
・パナホーム
・ミサワホーム
・旭化成工業
・積水化学工業
・トヨタホーム
・永大産業

の8社の主要プレハブ住宅メーカーの技術者たちの証言を収録されています。技術や法規の壁を乗り越え、プレハブ住宅を実現させた技術者たちの情熱を、今に伝えてくれるヒューマンドキュメントな内容になっています。まさに青春です。

例えば、デパートの屋上に「勉強部屋」として知られることとなったプレハブ住宅が、小家族の夢の箱、さらには二世帯住宅の箱へとさまざまな変化を遂げていく・・・など、それを実現させた舞台裏を、当時20~30代の若き技術者たちの証言が載っています。参考にする例がない中で、その後大企業となる住宅メーカーの礎を手探りで築いていく・・・その様子が生き生きと語られています。やはり、この時代を生き、勝ち抜いた人たちは、相当なパワーを感じますよね。

私も以前なら、「プレハブ住宅なんて・・・」といって、見向きもしなかったかもしれません。たとえプレハブ住宅に携わらなくとも、歴史は知っておくべきです。

日本のプレハブ住宅は、1960年ごろから認知され始め、高度経済成長の追い風に乗り、地域の工務店に代わり、一気に住宅産業の大きな一角を占めるにいたりました。確かに、現代ではハウスメーカーのビジネスモデルは古いとされてきています。いくら頑張ろうとも大きなってしまった企業では、簡単に変化は起きません。ただ、住宅の歴史を振り返ったとき、あの時の時代が求めていた住宅像がここにあります。社長だけが注目を集めがちですが、その陰で支えている技術者の存在を忘れてはいけません。

この本読むと、モチベーションが上がるんですよ。誰も何もしていない、何も決まっていない時代に、新しい何かを作り出そうとするその動きは、時代を超えて、心を動かしてくれるんですよね。プレハブ住宅という言葉は、最近では、あまり言われなくなりましたが、高度経済成長の追い風に乗り、地域の工務店に代わり、一気に住宅産業の大きな一角を占めるにいたりました。その勢いと共に創業者の突き抜けようとする計画の陰には、技術や法規の壁を乗り越え、プレハブ住宅を実現させた技術者たちの情熱があります。もちろんクレームもあるのですが、それも必死で対応しているその様子を読み取ることができます。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。