高い技術に加え、独自の世界観があるから共感を生む!

先日アマゾンプライムで、ルパン三世の2015年の新シリーズを一気観しました。

ルパン三世と言えば、ひとりひとりのキャラクターも良いですが、その世界観を構成しているのは、やはり音楽でしょう。

ルパン三世のテーマを奏でる大野雄二さんの音楽は、上手いだけでなく、やっぱりルパン三世の映像が浮かんできます。もちろん一人で演奏しているわけではないので、編成によって多少変わってくるんでしょうが、ジャズ素人だからこそ、世界観がある大野さんの演奏を、他のジャズより選んでしまいます。大野さんの別の曲を聞いても、ルパン三世を浮かべてしまいますからね(笑)

素人だからこそ、技術に共感しているというより、世界観に共感しているのです。

音楽って、世界観を表しやすい表現方法なんでしょうね。

例えば、同じ歌詞、同じ曲でも、歌い手と編曲とPVが変わると、かなり違ってきます。いわゆるカバー曲です。いいカバーって、「その曲を自分の歌にしているかどうか」が、基準として言われたりしますよね。

自分の世代的にドンピシャな比較曲があるので例に挙げてみます。

浜崎あゆみさんの「SEASONS」を例にすると・・・

もちろん、浜崎あゆみさん自身も、独自の世界観があります。

GACKTさんによるカバー

歌詞の意味があるので、大きく反れた内容ではないですが、GACKTさんの場合、ご自身の世界観が強いので、自分の歌にしてますよね。別物に聞こえてしまいます。当たり前ですが、高い技術に加え、独自の世界観があるので、男がキーを下げてカラオケで歌っているのとは訳が違います(笑)

この手のカバー例はたくさんあるのですが、公式で紹介できる音楽が限られているので、この辺で・・・

繰り返しますが、素人だからこそ、技術に共感しているというより、世界観に共感しているのです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。