暮らしをモノで豊かにしようしたら賃貸派に勝ち目がない!

最近、新築に対するネガティブ記事が多いですよね。賃貸派と持ち家派であれば、賃貸派の記事が多いこと(笑)それらを読んで、納得する部分もあれば、「おいおい、違うだろ」ってツッコみたくなる内容もあります。

なかなか、持ち家派の記事がないので、自分なりに「家は建てた方がいい」側の視点で、建てるべきメリットを書き出そうとしてみたんですが・・・

これが弱い(笑)正確には、数字とかの具体的な話にもっていったり、暮らしをモノで豊かにしようしたら、勝ち目がないのです。もちろん勝ち負けなんてどうでもいいんですが、勝ち負けで比べたほうが、わかりやすく、煽りやすいのも事実ですからね(笑)

なので、以前書いたこの記事のように、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」ことにシフトしないといけないことは明らかな気がします。

良い家とはどんな家?家づくりに対する考え方とは?

2017.05.06

家づくりによって、暮らしを精神的に豊かにするとはどういうこと?

パっと浮かぶものを挙げるなら「感情が動く時間」でしょうか。家づくりの中だと「家ってこんな風にできてるんだ」と知ることで、心が動くことがあります。例えば、自分たちで家の壁を塗って、「壁はこんな風に塗るんだ」と知るわけです。でもそれは、決して知識からではなく、体験からだったりします。

その他だと、趣味の時間を楽しむ、家族と関わる時間を楽しむことで、生まれる感情を感じたとき、精神的に充実していると感じませんか?

何でもかんでも手に入れなくても、本当に欲しいものだけを取り入れることに、充実感を感じることもそうですね。悩みも自己解決できたり、相談できる相手がいて解決できたりすることもそうです。経年変化など経過する時間を楽しめるおおらかな気持ちを持てることもそうです。

これらを一言で表すなら「お金で買えない価値」ですね。

あなたが提供できる「お金で買えない価値」とは?

2017.03.27

つまり、客観的な価値ではなく、相対的で主観的な価値を感じさせるってことです。こういった感覚は、ある程度のスペックが担保されているからこそ成り立っているのですが、ちょっぴりスピリチュアルな話ですね。

でもここ数年、スピリチュアル系の感覚は、一般のビジネスにも取り入れられてたりします。昔だと「怪しい」と距離を置かれてたのですが、『感覚』的なことを訴求しようとすると、スピリチュアルっぽくなっていくんですよね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。