共感を得るブログの書き方【2017年5月8日号】

共感を得るブログの書き方、情報の読み取り方をお届けします。同じ情報ネタでも、「誰に」「何を」「どうやって」を整えると、あなただけの情報になっていきます。一つの情報ネタ元を事例にお届けします。

—————————————————

今回は、5月1日にニュースで取り上げた、

『気軽に間取りを着替える部屋の中の“小屋”。』

https://casabrutus.com/architecture/36215

を例に記事の書き方を取り上げていきます。

小屋などの小さな空間は、父親の書斎スペースとか、子ども部屋などに応用がききますので、啓蒙していく上でも取り入れてほしいテーマですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。