世界観がなければノウハウはあなたを変えてくれない!

強烈なタイトルですが、ノウハウに対しての「やり方」と「あり方」を見抜いていかないと、ノウハウはあなたを変えてくれません。

例えば、競合が撒いているチラシって、同じ商圏内に住んでいたら、自宅にも入ってきたりしますので、良く目にすると思います。その他にも、ネットの広告だったり、ポータルサイトだったり、住宅情報誌だったり・・・・

その中には、真似したくなるような広告もあると思います。また、住宅ノウハウで「これを真似てください」といったチラシテンプレートなんてものも売ってたりします。

その手法を自社に応用して真似して作る・・・でもこれは、「やり方」を真似しただけなんです。今の時代、これでは上手く行かないんですよね。

「この広告は何を意図して作っているのだろう?」と見抜こうとすることが、「あり方」になります。例えば、

  • どんな人がターゲットなのか?
  • どんなことを伝えようとしているのか?
  • どうしてこんな表現を使っているの?
  • この広告手段の目的は?

など、「誰に」「何を」「どうやって」という、その辺りを見抜けるようになると「あり方」が分かってきます。

プランもカタチだけ真似しても上手くいかない

プランニングも同じように、カタチだけ真似しても上手くいきません。「この間取りだから売れる」「このデザインだから売れる」ことなんてないんですけど、そう思いたいんですよね。だから、偽名使ってコソコソと競合の見学会に行ったり、ツアー視察にも参加したりします。

視察した同業者は「こうすればいいのか!」と、やっている設計を必死に取り入れるんですよ。これは正に「やり方」にしか目が行ってないということです。

そうやって生まれたのが、『白くて四角い家』です。ある時期から、一気に白くて四角い家は増えました。白くて四角い家ならデザインが高く見えますからね(笑)

でも、、、真似したところで売れやしない。

なぜなら、その家が活きるための世界観の演出や、伝えようとしている想いなど、「あり方」まで整っていないからです。だから、その家に対する「なぜ?」の問いかけをしていけば、ボロが出るんです。実はこの「なぜ?」の部分を考える事が、ノウハウなどの「やり方」を活かすことにも必要なんです。

その「なぜ?」に対する答えには、数学のような定められた答えはありません。なぜなら、あなた自身が自分と向き合い決めなければいけないことがたくさんあるからです。

正直、ブログには書けないほどのパクリ事例(パクられた事例)を多々知っています。それらの事例を踏まえると、「やり方」は後付けでも何とかなりますが、「あり方」は普段から意識しておかないと、なかなか身に付きません。やはり、基本を無視したら、結果は出ないですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。