【感想】ほぼ1円の家: 中古住宅ともったいないDIY術 (とは文庫) Kindle版

「ほぼ1円の家」というタイトルに惹かれて、ちょっと読んでみようと、Kindleでポチリました。5月17日現在、Kindle Unlimitedだと0円なので(笑)

ほぼ1円の家: 中古住宅ともったいないDIY術 (とは文庫) Kindle版

50歳を目前に築40年の1軒家を購入した絵本作家が、シンプルでエコな手作りの暮らしの魅力を綴った、体験的実用ルポ。1章「再生!中古住宅物語」では、ネット通販の格安資材で依頼したリフォーム工事の顛末を、2〜4章「もったいないDIY」では、古い家具や家電、空き瓶、段ボール、廃材などを利用したエコで手軽なDIY手法をたっぷりと紹介。エコロジー&エコノミー、しかもスタイリッシュな暮らしの術が満載です。

Kindle版は2016年に発行されていますが、元になっている本は2006年に出版されています。

前半は、中古住宅のリフォームの話で、後半は、住んでからの暮らしで、雑貨や小物類の話が中心になっています。中古住宅の現実と向き合いながら、DIYしているのが面白いです。またストーリーも良く、書き方が上手いためか、特に前半はサクサク読んでしまいました。

「ほぼ1円の家」というタイトルが、お金を掛けない印象を与えますが、あくまでも購入した中古住宅の価値を表す価格のたとえであって、耐震やキッチンなどリフォームにはそれなりにコストを掛けています。ただ、商品を自分で手配するとか、自分たちでコストダウンできることを実践していき、丸投げで頼むより割安にしていくという感じですね。

また、自分たちで実践する中で、家や素材について今まで知らなかったこと知るようになります。例えば、イタリアのガラスタイルは、オシャレだけどサイズが正確でないので、予備みて2割増しで発注するとか(笑)国産のガラスタイルは、裏ネット張りになっていて施工がしやすいとか。

DIYでお金を掛ける掛けないという話よりも、ここまで家と向き合ってくれる施主と出会えたなら、どんな家も良い家になりそうと思わせてくれますよ。

ほぼ1円の家: 中古住宅ともったいないDIY術 (とは文庫)[Kindle版]

ほぼ1円の家: 中古住宅ともったいないDIY術 (とは文庫)[Kindle版]

  • 作者:石倉ヒロユキ
  • 出版社:株式会社レジア
  • 発売日: 2016-09-25

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。