建築系CGに無料で利用できるUnreal Engine(アンリアル エンジン)をオススメしたい!

Unreal Engine(アンリアル エンジン)という、ゲームを制作するためのプロ仕様のツールがあるのを、ご存知でしょうか?2015年に基本無料となり、売上に応じてロイヤリティを払うような仕様変更があったため、話題になりました。

公式サイトも日本語でも整えられてますし、チュートリアルも充実しています。その上で、無料から利用できるようになったため、利用者は増えたみたいですね。

一見、住宅とは少し離れた話題かと思いますが、実は、ゲーム開発だけでなく、建築系のCGにも利用されていたりします。なので、データ販売しているサイトもあります。

上記のデータは、339ドルなので、約3万8000円ほどです。CGの雰囲気的は、3dsMaxに近いかもしれませんね。

自分も無料になった2015年時にダウンロードして触ってみました。すごく綺麗なんですが、PCに結構負荷掛かるので、性能がかなり高くないと、ひとつひとつの作業すら大変です。なので、すぐ諦めました(笑)簡単にオススメしていますが、レベルの高い代物です。

PCの性能や操作方法の課題はあるにせよ、このレベルのツールが無料で使えるのは、かなり凄いことです。建築系のWEBセミナーとかもやっているようなので、チャレンジャーは試してみてください。

下記の動画は、WEBセミナーを行う講師のサンプル動画ですが、冒頭は安藤忠雄氏の『光の教会』を題材にしていますね。

何で今頃、Unreal Engineを取り上げるのか?

たまたま、Unreal Engine(アンリアル エンジン)からのメールマガジンで、こんなメッセージが届いたから思い出したわけです(笑)

『How likely are you to recommend Unreal Engine 4 to a friend or colleague?』(あなたは、友人や同僚に、アンリアル・エンジン4をどのくらいお勧めしますか?)

というタイトルのメールの中身は、ランキング形式のボタンアンケートになっています。

アンケートボタン

ボタンを押すと、

「理由を詳しく教えてほしい」と促されます。

「(0~10)を選んだ理由をもう少しお聞かせください。」と促されます。

シンプルなアンケートメールですね。参考ください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。