「あなたも一緒にこの家をつくったでしょ?」という共犯者づくり

脱LDKが価値にならない原因として、

  • 住み手がついてこれていない
  • 今ある空間を最大限に使おうという意識が低い

などを挙げました。

脱LDKが価値にならない原因

2017.05.24

つまり、考えない状況こそが、最大の原因なんだと感じているわけです。

考えない状況を生んでいるのは、これまでの常識

この原因を生んでいるのは、これまでの常識であった『先生』という立場です。

通常、専門家という立場の人が、『信頼を得るためには、「医師と患者」「先生と生徒」みたいな関係を築きましょう。』『そのために、家づくりのノウハウや知識などを発信して、気付きを与えましょう。』みたいなことが、言われていたりします。

確かに最初の段階では、この方法が適しているのですが、どこかのタイミングで分岐点がきます。

  • 依存させるか
  • 自立させるか

ただ、ここでは通常、「依存させる方法」を取る方が多いです。なぜなら、相手が無知であるほど「専門家に聞けば大丈夫」という先入観もあるため、誘導もしやすいわけです。

ですがこれが、「依存を生む」典型的な流れなのです。誰かに判断してもらったり、答えをだしてもらうことが上手くいくことだと思い、精神的に依存してしまうわけです。

依存するとどうなるか?

極端な例を、医師と患者で言うなら、「ここが痛い、気分が悪い、熱がある、、、」といったなんでもかんでも医者に頼るっていたら、うっとおしい患者になるだけです。住関係でいうなら「これじゃ使えない」「なんで高いんだ?」「思ってたのと違う」など、なんとかしてください感満載で依存します。

さらには、教える側のキャパ止まりになるので、成長しません。

例えば、病気だって、基本的なことなら自分で知識を入れれば、予防が可能です。風邪ひいたからって、医者を頼ったり、風邪薬を飲んでいるのは、専門家に対する依存なんですよね。医者は風邪薬を飲まないし、そもそも風邪をひかないよう日頃から予防を心掛けています。

集客も一緒です。「ブログはどうですか?」「Facebookはどうですか?」「動画はどうですか?」・・・聞く前にググって調べよう、そして試しましょう。大した量をこなしてもないのに、何が悪いかなんてわかりやしません。

依存者に対して、一生懸命応えたとしても、依存者はそれが当たり前と感じているわけです。だからこそ、タイミングを見て、「自立させる」方向へ進めさせる必要があるわけです。

考えさせるということは、共犯者にするということ

専門家だからといって、その業界の全てのことを知っているわけではありません。専門家だって知らないことだらけです。もちろん、プロとして成し遂げなきゃいけない責任はありますが、なんでもかんでもおんぶに抱っこって疲れませんか?

注文住宅の場合、その家に住むのは、つくり手側ではなく施主です。ですが、瑕疵があるわけではないのに、上手く住めなかったら、つくり手のせいにされてしまいます。

「自立させる」ということは、自分たちの家なんだから、自分たちが一番に考えてもらうことであり、

  • その家でどんな暮らしを実現するのか?を考えさせ、決断させる。
  • 実現するために、どういう風につくっていくのか?を考えさせ、決断させる。
  • つくっていく様を実際に体験してもらい、どんな風にできあがっていくのか知ってもらう。

など、

「あなたも一緒にこの家をつくったでしょ?」という、共犯者づくりでもあります(笑)これは、最近キングコングの西野さんが、「クラウドファンディングは共犯者づくり」と語ってたのと近い意味合いだと思っています。対等な立場として巻き込むってことですね。

家の在り方として、根本的なところを考えていくと、家は「暮らすチカラ」を養う場所であり、家族とともに成長し、変化していく中で、暮らすチカラを付けていく、というものであるはずです。そのための『脱LDK』でもあります。

だからこそ、考えることはとても大事ですし、増やすべきは、患者よりも共犯者です。共犯者にする=考えて自分で答えを出させることで、満足度は高くなります。

でも、考えさせることをおこなうと、必ず離れていく人がいます。考えるの面倒くさいですからね(笑)

よかったら記事を読んでの感想やご意見をコメントください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。