コンセプトを住宅で表現したらどういうカタチになるのか?

8月か9月に、設計系の講座&セミナー「設計講座(仮)」を企画しているため、現在、設計講座についてのアンケートを受付けています。

お答えいただけた中で、「どんなことをするのか?」という質問も多かったので、講座で行うメニューのひとつの概要を書き出していきますね。

コンセプトを住宅で表現したらどういうカタチになるのか?

ビジョンや世界観、コンセプト、テーマ・・・自社や自分の軸となる言葉の使い方にはいろいろありますが、自分の中では、以下のように定義付けています。

  • ビジョン > 世界観 > コンセプト > テーマ

左に行くほど抽象的で、右に行くほど、具体的になりやすいものでもあります。

たとえ、ビジョンや世界観がハッキリしていなくても、『コンセプト』がしっかりしていれば、それはそれでいいと思っています。(もちろん、ビジョンや世界観がハッキリした方が、より行動にも影響してくるので、結果にも繋がりやすいです。)

カタログやホームページなどに、『コンセプト』を掲げている会社は多いと思います。でも、そのコンセプトを、住宅で表現したらどうなるでしょうか?その住宅は、家づくりを提案する上で、基本となる住宅になりますよね。

その基本となる住宅を、「住宅モデル」と名付けています。

住宅を企画する時も「住宅モデル」が存在する

「住宅モデル」の意味を説く上で、もう一つ同じような考え方として『ビジネスモデル』というものがあります。

ビジネスモデルとは、利益を生み出す製品やサービスに関する事業戦略と収益構造を指しますが、簡単に表すなら、

  • どうやって集めるのか?
  • どんな価値を提供できるのか?
  • どこで課金するのか?

を決めることでもあります。正確にはもっと明確にした方がいいことはありますが、ビジネスを立ち上げる時、ビジネスモデルを考えることは鉄板ですよね。

絶対とは言い切れませんが、ビジネスモデルが整っていると、センスに頼って当てずっぽうにビジネスをするよりも、上手くいきやすいわけです。

それと同じように、住宅を企画する時も「住宅モデル」が必要ではないでしょうか。

一流の建築家の様にデザインセンスだけで勝負できるなら構いませんが、センスだけに頼って、住宅を設計したところで、上手くいかないのは目に見えています。

一昔前、「デザイナーズ住宅」なんて言葉が流行り、見た目だけで使いづらいというクレームが増えた時代がありましたよね。あれはまさに、住宅モデルが欠けてるんですよ。その他には、住宅FCなどが提供する、他では上手くいったプランを真似ても上手くいかないのは、コンセプトがズレているからなんです。

住宅の仕様決定に関わっている経営者向けの講座

コンセプトを住宅で表現したらどういうカタチになるのか?その『住宅モデル』をつくる。

これが、設計系の講座&セミナー「設計講座(仮)」で行うメニューでもあります。設計という言葉を使っているので、間取りのテクニック的なイメージがありますが、今建てている住宅の基本仕様や意匠をつくるということです。

なので、「誰向け?」なのかというと、

  • 設計や提案は設計士に任せているけど、標準仕様は自分で決めているという経営者
  • 仕様決定はもちろん、設計も兼任している経営者

など、『住宅の仕様に関わっている経営者』向けですね。

前者の様に、設計を任せている経営者の場合は、仕様や意匠などの標準ルールを決めることで、設計士のセンスだけに頼らず、たとえ設計士がかわったとしても、統一性のある住宅を作りつづけるが可能になります。

普段から設計をしている経営者の方であれば、基本となる住宅モデルのプランまで完成させることができるでしょう。そのプランは、コンセプトを表現したものですから、お客さん側もプランを見ながら、どんな家なのかをイメージしやすくなります。

 

この大まかなテーマを踏まえて、あなたの悩みを解決できるよう、意見を反映したメニューにしたいと考えていますので、よろしければアンケートにご協力いただけるとうれしいです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。