価値を高める3つのステップ『家コト場』

集客方法が頭打ちになってきていて、さらにハイレベルなことをするより、基本や原点に立ち返って、「良い家」「良い設計」を見つめ直したい、

そして、何年か前に、会社員時代からの付き合いがある住宅ライターに言われた、

「井内さんが提案している内容(プロセス)は、良いと思うんですけど、でもそれは、(会社員時代に携わってた家づくり)◯◯◯◯だから、実現できたのであって、他では無理なんじゃないんですか?設計も違いますし、施主の個性も全然違いますよね?」

という、心の奥底で思っていながら抑えていたことを解決すべく、マーケティングを土台にしつつ、設計分野にまで手を広げています。

これまで、家づくりの『プロセス(過程)』の部分までは、提案やサポートをしてきましたが、やはり家づくりの本質である『住宅』のレベルを上げていかないと、いくらプロセスにチカラを入れても効果が半減してしまうのです。

伝え方以前に、そもそも「価値」が存在しなければ、伝える手段も意味がないのです。

価値を高める3つのステップ

価値を高めるには3つのステップがあると捉えています。

  1. コト

どこかで聞いたことあるような言葉のチョイスですが、どこかにある情報ではなく、自分で考えてることなので、ちょっとこじつけ感もあるかもしれません(笑)

1.家

ここで言う『家』とは、住宅のハード面を指します。機能や性能、意匠、価格も絡んできます。

高機能&多機能、耐震性や断熱性を高めた高性能、割安感を感じる価格帯など、物質として目に見える部分になるので、誰もが取り組みやすい、最も当たり前の部分でもあります。

ただ、何でもかんでもハイスペックにすればいいのかいうと、そうでもありません。ハイスペックにしても、売れてる住宅プランを真似ても、売れない家はたくさんあります。

あなた自身が、これからの住宅がどうあるべきかを掲げる必要がありますし、それをカタチにしていきましょう。「なぜ、この家を提案しているか?」という、家に対する哲学ってやつです。これがあると、真似は『影響』に変わります。これがない限り、他社のモノマネに成り下がるだけで、一生救われないことでしょう。

2.コト

ここで言う『コト』とは、その家を建てること、建てたことで得られる体験を指します。当然ですが、1の『家』が一定の基準を超えてないと、成り立ちません。

家づくりの最中で得られるコトと言えば、家づくりのプロセス(過程)を体験してもらうことです。例えば、プランを一緒に考えている時間もそうでしょう。その他ですと、壁を塗ってもらったり、デッキを塗ってもらったり、クロスを貼ってもらったりなどのDIY関連は、コトになりやすいです。

建てた後で得られるコトと言えば、キッチンに立つことで自分が主役になれる時間とか、子どもたちが元気にはしゃぐ時間とか・・・挙げたらキリがありません。わかりやすい傾向を挙げるなら、賃貸ではできないコトは、自然と価値になりやすいです。

3.場

ここで言う『場』とは、人と人をつなげるコミュニティを指します。イベント、見学会など、人が集まる場所を、人と人を繋げる場所にしていくことです。

例えば、壁塗りにしても、ただ施主だけで壁を塗るのではなく、そこに親族や友達を呼べるかどうか?または、いま打ち合わせ中の方を呼べるかどうか?施主同士を紹介できるかどうか?

この『場』の価値は、「クチコミや紹介がない」原因にも直結してきます。「クチコミや紹介がない」と嘆くケースの原因は、自身がまずクチコミや紹介をしていないことがほとんどです。

ここももちろん、2の『コト』が機能してないと、成り立ちません。

(物質的な)防具と、(精神的な)武器

価値を高める3つのステップをさくっと簡単に挙げてみました。並べるとこんな感じです。

  • 物質的(防具) = 家 > コト > 場 = 精神的(武器)

『注文住宅3.0』を実現するには、この3つは欠かせません。もちろん、1より2、2より3はハードルが上がります。だから、やっている人たちは少ないです。

この3つの質を上げる方法はたくさんあるので、自分にあったやり方を選べばいいんですが、業界の性質上、どうしても目に見える物質的なところしか、取り組まないのが現状です。

耐震性や断熱性を高めることは土台としては大事だけど、それだけでは、コミュニティは生まれません。「倒れない」「暑くない寒くない」ってコミュニケーションとしては、つまらないんですよね。「倒れない」「暑くない寒くない」で会話してみてください。くっそつまらないですから(笑)防具にはなるけど、武器にはならないってことです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。