カウントダウンタイマー

住宅コピーライティングガイド 『ベネフィット』

一度見学会に来てさえもらえば、
家の良さがわかってもらえるのに・・・

良い家なのにアピールしても、なぜか魅力が伝わらない・・・
どうも「共感」しそうな言葉に仕上がらない・・・
読んでいて「ワクワク」する魅力的な言葉にならない・・・

そんな言葉とはサヨナラして、
住宅の魅力を最大限に引き出す言葉を使いませんか?

 

514名の家づくり客が読み、486名の工務店や設計事務所が注目した書き方

住宅コピーライティングガイド

『ベネフィット』

 



 

チラシだったりホームページだったり、読んでいるだけで気になってしまい、「こんな家を建てたい!」と思ってしまう、そんな文章を読んだことがあるでしょう。

その一方で、まったくココロが動かない、退屈な文章もたくさんありますよね?

伝え方が悪いと、提案している住宅が良いものであっても、途中で読むのをやめてしまったり、建てたいという気にならなくなったり・・・

そんな言葉から抜け出し、あなたが提案する住宅の魅力を、最大限に引き出す言葉を使いませんか?

 

言葉の違いで、伝わり方は変わる!

では、途中で読むことをやめてしまう退屈な文章とは、一体、何がいけないのでしょうか?
例文を比較して説明いたします。

たとえば、車好きの人に訴求する場合、あなたはどちらが良いと思いますか?

文章例A:

ガレージのある家。

文章例B:

このガレージのある家は、施主のお気に入りの車を入れることができます。ガレージの位置は、ダイニングやリビングから見渡すことができるため、愛車を眺めながら、ご飯を食べたり、くつろいだりすることができます。注文住宅だから実現できたこだわりのガレージは、車好きには贅沢な時間をもたらしてくれます。

 

また、デザイン性のある住宅を求めているけど、予算が厳しい人に訴求する場合、あなたはどちらが良いと思いますか?

文章例A:

自由設計で建てるローコストの注文住宅。

文章例B:

おしゃれなデザイン住宅を求めて、建築家や有名工務店に行ったけど、あまりの値段の高さに諦めてませんか?あなたのこだわりを実現できる家を、1,500万円から建てることができます!「おしゃれな家を建てたいけど、わたしたちは本当に家が建てられるの?」と諦めかけているなら、まずはこのカタログをご覧ください。予算内でこだわりを叶えたおうちがたくさん載っていますよ。

文章例Bの方が魅力的だと思いませんか?

実際、お客さんは住宅自体を買っているのではありません。床があって、壁があって、屋根があって、既製品で組み合わされたモノを買うわけではないのです。

  • 自分たちのこだわりを取り入れられる。
  • 下の階や隣人を気にせず、子どもを家の中で遊ばせられる。
  • 家でお店や教室をひらける。

など、そんな効果や結果を買っているのです。

つまり、お客さんは、建てた家によって、自分や自分たち家族の願望や欲求を満たすことができる、ベネフィットが得られる、と知ったときにその家を「建てたい!」と感じるのです。

だからこそ、ベネフィットをアピールしていきましょう。

⼈は、「関⼼の99%は”⾃分”のことである。」と言われています。なので、自分事にしか興味を持ちません。だから、特徴やメリットしか記載していない広告では、なかなか興味をもってくれません。

ですが、特徴やメリットをベネフィットのアピールに書き換えるだけで、反応が向上します。またさらに、その言葉と相乗するような写真を使えば、効果は増すことでしょう。

 

ベネフィットって何?メリットとは違うの?

メリットという言葉は知っていても、ベネフィットという言葉を、初めて聞いた方もいるかもしれません。

まず、メリットとは、価値のある特徴・長所・利点などを指します。なので、誰に対しても変わることのない客観的な意味になります。

そして、ベネフィットとは、お客さんが得られるメリットを指します。なので、ターゲットにするお客さんが変わると、そのベネフィットも変わります。

つまり、ベネフィットは、ターゲットに対して直接的なメリットを伝える言葉になるので、メリットを伝えるよりも、より訴求力の高い言葉になります。

 

ベネフィットを書くことができなければ、、、

だから、ベネフィットをうまく書くことができなければ、いくら時間とお金を掛けてホームページを作ったとしても、チラシを作ったとしても、あまり反応を取ることはできないでしょう。

また、時間と手間をかけてブログを書いたとしても、とても退屈な内容になってしまい、読んでもらうことも難しくなってしまいます。

なぜなら、お客さんは家のことは素人なので、特徴やメリットだけ伝えても、わからないことだらけです。

しかし、お客さんの願望や欲求を刺激する、ベネフィットが得られることを、伝えられる言葉を使うことができるようになれば、、、

ホームページやチラシなどで反応が得られる!

お客さんの願望や欲求を刺激し、ベネフィットが得られること伝える言葉を書くことができるようになれば、あなたが提案する住宅の魅力を、しっかり伝えることができるようになります。その結果、売れるようになりますし、より効率的に新規客を集めることも可能です。

ブログ・SNS・メルマガなど、短い言葉でも反応が得られる!

あなたが提案する住宅の魅力を伝えることは、ブログやSNSを書くときでも変わることはありません。たとえ短い文章であっても、ベネフィットを伝え、お客さんの願望や欲求を刺激していくことで、効果を発揮してくれるものになるでしょう。

営業が苦手でも、心に響くトークができ、お願い営業はいらなくなる

お願い営業をしてしまうと、値下げを要求をされたら、それに応じるしかなくなってしまいます。

ですが、お客さんと直接会う機会があるのであれば、お客さんの反応を見て、その人に合わせたベネフィットを伝えることができます。より強くお客さんの願望や要望を刺激することができるのです。

そうすることで、お客さんに「建てたい!」と感じてもらえるようになります。「建ててほしい」お客さんと「建てたい」あなたとの関係性は対等になり、お願い営業がいらなくなるのです。

 

どうすれば、お客さんの願望や欲求を刺激して、
「この家を建てたい!」と感じさせる言葉になるのか?

お客さんに、提案する住宅の魅力を感じてもらえなければ、建ててもらうことはできませんよね?実は、言葉を使って訴求する中でも、「ベネフィットを書くこと」は、とても大事なことなのです。

写真によるイメージ訴求も効果的なのですが、カメラマンの費用や撮影日程など、すぐに取り掛かれることでもありません。また、ベネフィットをイメージできていないと、魅力的な写真の構図をカメラマンに指示することもできません。

なので、現在行っていることを変えずに、訴求力を高めていくには、伝える言葉を変えるのが、簡単で早いのです。それは、私自身も実感してきたことです。

株式会社デザインアトラクト 代表取締役 井内 智哉(いうち ともや)
設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。現在は、工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを行う。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。
1x1.trans

 

514名の家づくり客が読み、486名の同業他社が注目した書き方

実は、この講座でお伝えしている内容は、元々私が、家づくりを検討している見込み客に使っていた書き方の一部なのです。今でもターゲットは違えど、同じ書き方を使っています。

私自身が住宅の仕事に携わり、書き始めてから、1,000名の方にお届けしたことを機に、講座としてまとめました。514名の家づくり客が読み、486名の工務店や設計事務所が注目した書き方です。メルマガでの登録者数なので、お会いした方を含めたら、もっと多いです。

また、この言葉の使い方・書き方は、価格や機能・性能以上に、ライフスタイルを大事にしたい家づくりを提案しているなら、ぜひ取り入れてもらいたい再現性の高いノウハウでもあります。

この言葉の使い方を取りいれた事例を挙げると・・・

これまで見込み客がいなかった設計事務所の例では、

今までほぼゼロだった見込み客が、2ヶ月で、イベントで57組、ホームページから26組も獲得することができました。

ごく普通の住宅を建てる工務店の例では、

チラシやネット広告に100万円近く使って、毎月2~3組の集客だったのが、この書き方を取り入れるだけで、広告費を50万円に下げたにもかかわらず、毎月平均8組の集客にアップしました。

これらは、建てている家を変えたわけでも、特別な集客方法を行ったわけでもありません。伝え方を変えただけなのです。

 

講座の詳細

住宅業界に特化したマーケティング内容

この講座は、一般的なマーケティング知識に加え、住宅業界に特化した内容を盛り込んでいます。なので、工務店や設計事務所の方は、自社の活動にすぐ活かすことができます。

指定サイトから、オンラインで学べます。

オンライン講座にした理由は、

周りを気にせず自分のペースで何度でも学んでいただけるから

中にはビジネス系の講座へ参加することを、躊躇される方もいらっしゃると思います。その点、オンライン講座ですと、誰にも知られることなく学習いただけますし、繰り返し学べるので、しっかりと腑に落とし、完全にマスターすることができます。

遠方の方、忙しい方でも好きなタイミングで学んでいただけるから

ご遠方の場合、東京でのセミナーへご参加いただくのは難しいと思いますし、日頃の仕事などで時間にゆとりがない方もいらっしゃると思います。ご自分のペースで好きなタイミングで取り組むことができます。そのため、どなたにも確実に習得いただけるように配慮しました。万が一、途中で取り組む時間がなくなってしまっても、またお時間が作れるようになった際に、学びを再開していただくことも可能です。

つまり、オンラインなので、会場に移動する時間や交通費、 その他費用を支払う必要はありません。時間や日程も決められていませんので、あなたの好きな時間、好きな場所で学ぶことができます。また、リアルセミナーとは違い、その場で聞いて終わりではなく、あなたが納得できるまで、何度も復習することができます。

オンライン講座の内容

ビデオは、26分ほどの長さです。その中身は、あなたの家の魅力を引き出し、お客さんの願望や欲求を刺激する言葉、ベネフィットを伝えられるスキルを身に付けていただく内容となっています。

こんなカタチでお届けします。

ベネフィットを書くための3つのステップ
ベネフィットを掘り下げる3つの切り口
ベネフィットがいらないケースとは?
ベネフィットを伝える時のポイント
ベネフィットの次に伝えること

そして、オンライン講座のアンケート特典に、テンプレートをご用意しています。

17のキャッチコピー&39のボディコピーテンプレート

チラシ、案内、ホームページなど、一目見て判断される媒体は、『キャッチコピーで成否が決まる。』と言っても過言ではありません。さらには、続きを読ませるボディコピーも求められてきます。

安易にテンプレートを使っても効果は出にくいですが、ベネフィットが書けるようになった上でテンプレートを活用すると、あなたの世界観に引き込むような文章をつくることも可能です。

 

なぜ、この内容を公開するのか?

メルマガを累計1,000名以上の方にお届けしたこともキッカケでもあるのですが、実は、以前とある研修にて、参加者からこんな質問が挙がりました。

「ベネフィットって何ですか?」

そこで、そこにいる10人に「ベネフィットが何かわかる方は、手を上げてください。」と聞いてみたのです。すると・・・

・・・誰も手を挙げなかったのです。

多分、なんとなくで分かっている方もいらっしゃるとは思うのですが、何となくでは、きっと使いこなせていないことでしょう。だから、この機会に公開することにしたのです。

とはいえ、、、

文章で伝えるにおいて、とても重要な秘密を公開するわけですし、有料講座でもお伝えしている内容を含んでいますから、無料という訳にはいきません。通常であれば、1万円はします。

ですが、ベネフィットを伝えることは、広告宣伝にかぎらず、販促物などにも使えるスキルです。そして、ブランディングなどハイレベルなことをしていく上でも、重要な基礎スキルです。

だからこそ、まず取り入れてほしいことなので、
この講座への参加費を5月末日までの期間限定で、

5,000円(税別) ⇒ 3,000円(税込)

で参加していただくことができるようにしました。
(支払い方法はpaypalによるカード決済のみ)

 

30日間の返金保証

もしあなたが、「良い家をつくっているのに、その良さが伝わらない」と思っているのであれば、今回の講座はきっと喜んで頂ける内容だと思います。

もしこの内容を学んでも、スキルアップできそうにない、為にならない、という事であれば、30日以内にキャンセルのご連絡をください。すぐに返金の手続きをとります。

ただし、私があなたに代わって書くわけではないので、もしあなたが「実践しない可能性がある」と思っているなら、時間を無駄にするだけなので、この講座には参加しない方がいいです。

 

参加までの流れ

  1. 下記ボタンより、カード決済ください。(paypalへ飛びます。)
  2. 決済完了後、メンバーズサイトへご案内をいたします。

さて、準備はいかがでしょうか。

あなたに試してもらいやすいように、30日間の返金保証もお付けしました。ですので、今申し込むことであなたにリスクはありません。興味があるなら、試してみませんか?




公開日:
最終更新日:2017/04/15

mautic is open source marketing automation