【工務店限定】初心者のためのシンプルニュースレター習得セミナー

毎月のニュースレターの制作にこのような不安や心配を抱えていませんか?

■ ニュースレターをつくるのに、いつも時間がかかってイライラする。
■ 内容に何を書けばいいのかわからない。ただ、時間だけが過ぎていく。
■ ニュースレターを続けているのに、反応がほとんどない。
■ お金を払って外注している。
■ 外注先が内容をつくりこむため、自分が書きたい内容に決められない。
■ ニュースレターはつくっているけど、どう使えばいいかわからない。

もし、あなたが少しでも当てはまるのであれば早く対策することをオススメします。

ニュースレターの制作に時間をかけるのは非常にもったいないです。
悩むことなくニュースレターを制作して、他のことに時間を使うことのほうが重要だと思いませんか?

 

工務店100社以上のニュースレター支援をする、ニュースレターテンプレートを差し上げます!

まず、届けたお客様の心に響くニュースレターとは、どういうニュースレターでしょう?

それは、ズバリ!

読者にとって有益な情報が載っていて、且つ読みやすい内容のニュースレターです。

逆に、ニュースレターを続けられない会社の多くは、自社の商品説明や現場見学会のイベント案内といった自己満足ともいえる内容ばかりを毎月時間をかけて発行し続けています。

その結果どうなるかと言うと、まず読者は読みません。

読まないどころか封も開けずにゴミ箱に捨てられるか、さらに悪い場合は、「こんなものは不要なので、送らないで下さい!」といった反応しかもらえないのです。

そうなると、一生懸命考えて書いた社員のモチベーションもいっきに下がります。だから、続けることが嫌になり止めてしまうという結果になります。そして、“ニュースレターは、ぜんぜん効果がない”と社内で決めつけてしまって2度と発行しなくなります。

実は、お客様の心に響くニュースレターを作るには、5つのコツがあるのです。

1. 読ませたい顧客をしぼる。(だれでもだと、だれも読まない結果に)
2. 顧客が毎月楽しみにしてくれる内容を考え、調査する。
3. イラストなどをポイントに読みやすい内容にする。
4. あなたの会社や人をより知ってもらう記事も掲載する。
5. 売り込みにならないように顧客に正しい情報を伝える。

もちろん細かな部分は他にもありますが、少なくともこのような条件をニュースレターに盛り込まないと、お客様の反応が少なくて効果がないニュースレターになり、時間とコストだけが掛かる続かないものになります。

そこで!

これらを体系化し、かんたんに、迷うことなく、スグにニュースレターをつくることができる方法を、あなたに伝えるべく、今回の「シンプルニュースレター習得セミナー」を開催しすることになりました。

 

シンプルニュースレター習得セミナーの内容は?

このセミナーは3~4時間ですが、途中ワークを入れての実践型にしています。
セミナーが終了した時には、自身のオリジナルニュースレターの大枠が出来上がっていることでしょう。

 かんたん!シンプルニュースレターの全体像について
これを理解すれば8割OK。ニュースレターの原理原則とは?
9割の人が知らない、ニュースレターで本当に大切な1つのこと
 実践済み!施主へほぼ日でメルマガ届けた井内の情報の作り方
 書く内容に困らなくなる仕組みの作り方
 テンプレート徹底解説。あなたはテンプレ通りに埋めればOK!
ニュースレターを1日で素早く仕上げるためのパワフルな仕組みと仕掛け
平凡な文章を、わかりやすく魅力な文章に変える文章術

 

このセミナーに参加すると・・・

このセミナーに参加することで、あなたはこのような効果を得ることができます。

お客様の心に響くニュースレターがほぼ完成してしまう。
説明・解説が中心になるので、完全なニュースレターはその場ではできませんが、テンプレートを元に構成や考え方を習得できるため、ほんの少し修正すれば、そのまま使うことができてしまいます。
ニュースレターの制作に悩むことなくスラスラつくれるようになる。
特典としてテンプレートを差し上げています。そのテンプレートに当てはめたり、手順に従ってどんどん作成すればいいので、数時間で効果的なニュースレターをつくることができます。もちろん、知識なくテンプレートを活用しても集客に繋がりませんので、どうテンプレートを活用すれば効果がでるのか、その活用方法も解説します。
低予算でニュースレターをつくれるようになる。
かんたんに低価格で継続できることをテーマに、実践しやすい必要なポイントのみをお伝えしていきます。そのため、この手法を用いれば、費用は印刷代ほどで抑えられます
本質がわかるので、ホームページやチラシ、DMにも応用できる。
ニュースレターやチラシなどはあくまでツールなのです。なので、本質をしっかり把握できれば、いろいろな集客ツール・販促ツールに応用ができるようになります。
魅力的なニュースレターの作り方と効果的な使い方がわかる。
ニュースレターの作り方だけではなく、ネットと上手く組み合わせた、集客に活かすことができる効果的な使い方をお話します。

確実に成果が出せるよう特典も用意しました!

特典1.お客様の心に響くニュースレターを作る『ニュースレターテンプレート』
このテンプレートに従ってニュースレターを制作すれば、迷うことなく簡単につくることができます。
特典2.『儲かる工務店のニュースレター作成術』PDFファイル
見込み客を効率よくランクアップさせる方法や紹介注文につなげるニュースレターの作り方などがわかるPDFファイルを差し上げます。

 

100社以上の工務店支援をしているニュースレターノウハウは本物!

約160部を、以前工事させて頂いたお客様や見込み客に郵送したところ、既存客の方から連絡があり、リフォーム工事をさせていただきました。また、別のお客様から連絡があり、建具の作り変え8枚を注文頂きました。この方は全く付き合いがなかったのですが、「いつもニュースレターありがとうございます。」という電話からの始まりでした。このニュースレターで“縁”を頂いたことに感謝します。

大分県 リフォーム会社様

我が社のニュースレターをリニューアルし、早5ヶ月になります。ニュースレターを活用するようになって、以前より手早く制作ができ、ネタ切れすることなく大変助かっています。また我が社オリジナルと組み合わせ、今までより内容を濃くして毎月ニュースレターをお客様にお届けしていますよ。

愛知県 建設会社様

こちらの不手際でクレームを下さったお客様も最初は怒っておりましたが、話していくうちに、ニュースレターを非常に楽しみにしているとのこと。「なるほど」と感心して読んでいるとおっしゃっていました。

三重県 建設会社様

制作当初はテンプレートを使わせいただきましたが、書き慣れるにつれて、弊社の情報や私の体験談、付き合いのある家具店の情報も加え、だいぶ様変わりしました。少人数の会社で、月1回発行し続けることが出来るのも木曽さんのおかげです。

長野県 建設会社様

 

講師紹介

講師
kiso

株式会社ニュースレター作成代行センター
代表取締役 木曽 稔

住宅は一生に一度の買い物なのでお客様も本当に心を開いて信頼されないと契約までこぎつけることができません。その時にどうしたらお客様と仲良くなれて家を買ってもらえるだろうかと考えていました。そして販売ツールとしてニュースレターを試してみると、営業マンの契約率が確かに向上しました。 営業マンに聞いても、お客様が私のことを専門家として接してくれるので、商談がスムーズに進むということでした。

独立後、私は迷わずにこの最強の販売ツールを契約に困っている住宅会社やリフォーム会社に提案するサービスを始めました。ニュースレターを読む主な読者は奥様で女性向けに工夫して読んでもらえる内容にすることで売り上げが向上する会社が増えている現状です。1社でも多く、ニュースレターの必要性を実感して売り上げを上げていただければ、私なりに幸せに思います。

 

1x1.trans

株式会社デザインアトラクト 代表取締役
井内 智哉(いうち ともや)

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店「feeldesign+」を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。現在は、工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートを行っている。2014年10月より日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載中。

受付終了しました。

 

情報発信に必要なことそれは、関係性をつくることです。

FROM 井内智哉

回このセミナーは、井内が講師である木曽さんにお願いをして開催をすることになりました。
というのも、ニュースレターの本質を学べば、

ブログやメルマガなどの、ネットを使った日々の情報発信にも活かすことができる。

と感じているからです。

だから、工務店のニュースレターの実績をお持ちの木曽さんを、メイン講師にお招きしたのです。

 

どの工務店でも活用できる取り組みではないからこそ、
施主や見込み客とのつながりを求めているあなたが身につけてほしいスキル

 

このセミナーでお伝えする内容は、どの会社でも上手く活用できるものではありません。

適当に情報発信すればいい、施主や見込み客とのコミュニティは求めていない・・・

そのような工務店には意味のないセミナーです。

もしあなたの会社が、施主や見込み客とのつながりやコミュニティを求めているのなら、
このセミナーに参加して、学んだことを実践し、これまでとは違う「反応」「成果」を感じませんか?

それでは、参加をお待ちしております。会場でお会いしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!