「箱の産業」はもう読みましたか?

以前も紹介したのですが、

「箱の産業」という
プレハブ住宅技術者たちの証言を
まとめた本を、改めて読み返しています。

⇒ https://dtoac.com/blog/20131123/5109

この本読むと、
モチベーションが上がるんですよ。

誰も何もしていない、また
何も決まっていない時代に、

新しい何かを作り出そうとする
その動きは、時代を超えて、
心を動かしてくれるんですよね。

プレハブ住宅という言葉は、最近では、
あまり言われなくなりましたが、

高度経済成長の追い風に乗り、

地域の工務店に代わり、
一気に住宅産業の大きな一角を
占めるにいたりました。

その勢いと共に創業者の
突き抜けようとする計画の陰には、

技術や法規の壁を乗り越え、
プレハブ住宅を実現させた
技術者たちの情熱があります。

もちろんクレームもあるのですが、
それも必死で対応しているその様子を
読み取ることができます。

実は、この本、
かなり気に入っていまして、

20~30代の若い技術職の方には、
会うたびに、必ず読むように伝えています。

本書の気になった要所要所を
このメルマガでも取り上げて、
書いていこうと思います。

お楽しみに♪


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。