世の中にある住宅は〇〇なものが多い。

デザインには、

男性的デザイン女性的デザイン

2種類存在します。

特徴としては、

<男性的デザイン>には、

直線的、ハード、原色、直接的、シンメトリー・・・

<女性的デザイン>には、

曲線的、ソフト、中間色、間接的、アンシンメトリー・・・ 

こんな感じですね。

自分の仕事に置き換えると・・・

建築は男性的デザイン、住宅は女性的デザイン 

であることが好ましいのでは?と捉えています。

建築は、さておき、
住宅の場合、

「住まいは子どものために」

という言葉があります。

そして、

「住まいは、巣まい。」であり、

『古事記』では、住まいの意味で、

鳥の「巣」の字が使われているとのこと。

鳥の巣などをみると、素材は直線的ですが、

組み合わせた形は円を描いている。

蜂の巣だって丸いです。

一般的には、

子どもと接する時間が多いのは母親だし、

巣の例をみても、

女性(母)的要素が強いことがうかがえます。

でも、世の中にある住宅は男性的なものが多いですよね。

・・・う〜ん、、、

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。