人は見た目が9割って本当?

「きれいなおねえさんは、好きですか。」

これは、どこぞやのキャッチコピーですが・・・

これに関連してか、仕事において、
ある意味極論だなと思ってることがあります。

それは・・・

「人は見た目が9割」

ということ。

この理論、当たってます。
・・・仕方ないんですよ。。。

通常であれば、半年とか1年という時間をかけて、
内面の部分も引き出せたりで、「どんな人かを判断」できますが、

仕事などでは、長くても2時間、短いと3分間で、
相手に自分の言いたいことを伝えないといけないこともあったり、

ましてや、内面の部分まで引き出せる機会なんてなかなかない・・・

そうすると、

「外見」の印象がとっても大切。

一期一会の出会いで、相手がどんな印象を持つのか?
やっぱり、まず、見た目から入るんです。

昔、私も職場では苦労しました。

20代前半の若造が、
おっさん達に混じって打ち合わせるんですが、
ナメられるんですね・・・やはり

知識など内面を鍛えたり、行動を起こしたりで頑張るんですが、
やっぱりそれで見返すには、時間が掛かるんです。
(実際、掛かりました。)

なので、髪を黒くしたり、ネクタイを渋くしてみたり、
ダボっとしたスーツにしたり、黒縁メガネにしてみたり・・・

歳が上に見えるように、いろいろ試しました。。。
でも・・・無意味でしたね

元々が若く見えるため、無理に歳を上に見せようとすると、
違和感が出て、よけいに変な感じに・・・
 
 
実は、ここで言う、
「外見」の印象がとっても大切。
とは、そういうことではないんですね。

「おっ、何だかコイツは仕事がデキそうだな。」
って感じに思わせるってことなのでしょうね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。