オレは運を掴み損ねたくねえんだ

PR
   

「オレは運を掴み損ねたくねえんだ」

これは、前日本代表監督の岡田武史氏が、
カンブリア宮殿に出演されたときに言ってた言葉です。
 
 
運は、運だけで生きている自分にとっても(苦笑)
やはり掴み損ねたくないもの

ビジネスの世界ではある日突然、
「運が来た!」と思える、チャンスの瞬間が必ず訪れたりします。

学生時代、なんとなく話では聞いていましたが、
ホントに、これはある日突然起こります

その運を掴めば、
さらに上へとステップが踏めたり、稼げるようになると思えるチャンス。

いろんな方と出会う中で、
「運が良い」という人が稀にいます。

そういう方達には共通した点があるんです。
それは・・・

「準備をしている人」だということ。

運を掴む人は、運を掴むだけの
準備をしているのです。

でも、

多くの方は運・チャンスを目の前にして
見て見ぬフリをしてしまいます

それは、準備をしていない。
つまり、「自信」と「その裏づけ(いわゆるバックボーン)」が無いからです。
 
 
じゃあ、準備って何だ?ってことですが、
小さなことからでいいのだと思ってます

例えば、

会議の議事録や、プロジェクトの資料などで、
「私がまとめましょう。それを見ていただけますか?」と
上司や経営者相手に、伝えればよかったり。

これには、文章を書くスキルが必要ですが、

もっと簡単なことだと、

外部から来る講師に、
「資料のデータを頂けましたら、こちらで印刷しますよ。」
と伝えれば、資料の生データが手に入ったり。

これは、パソコンの操作を知ってればできますね。

もっともっと簡単なことだと、

朝早く来て、上司や経営者の机の上を掃除すると、
今、読んでいる本が置いてたり、
今考えている構想のメモ書きがあったり、
今進んでるプロジェクトの資料があったり・・・と、
考え方が共有しやすくなります。

これは、朝早く来ればいいだけのことです。

簡単な準備だと、小さな運・チャンスしかなかなか掴めませんが、
その積み重ねが大事なんでしょうね。
それが、後に繋がる大きなチャンスになるかもしれません。

まさに「小さなことからこつこつと」ですね。
 
 
追伸

そういえば、AKBのじゃんけんがいい例ですね。

じゃんけんで勝って、センターになったからといって、
普段の準備を怠ってたら、
惨めな姿をさらすだけになってしまうでしょうしね。

   
PR
 

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。