生産性の高い人々がしている7つの習慣

昨年末にこれを知ってから、できるかぎり
心がけている習慣です。

これをライバルに実践されると、、、
教えたくない習慣かもしれません(苦笑)

その「7つの習慣」とは、
 
 

1.ゴールに至る過程を、数時間以内で達成可能な小さなタスク群に分解する。

 
 

2.マルチタスク(同時に複数のことを並行して行うこと)は、IQが低下するのでやめる。

 
 

3.気を散らすものをなくすことについては過激派になる。

 
 

4.Eメールをチェックする時間を決めておく。

 
 

5.会話にはEメールは不向き。電話を使う。

 
 

6.朝のうちに最優先する目標を設定し、一日を自分の計画通りに使う。

 
 

7.ブドウ糖の消費に合わせて、60~90分の間隔で休憩をとる。

 
 
 
という内容です。

どんな仕事でも、大きな会社でも小さな会社でも、
生産性向上に関しては、肝の部分は同じなんですね。

この「7つの習慣」を知ってからは、心がけていて、
最近の自分の基本になっている考え方です。
 
 
ちなみに、この「7つの習慣」、
トヨタ、ホンダ、ディズニーなどの有名企業をクライアントに持つ、
生産性向上のエキスパート、Tony Wong氏によるアドバイスの超訳です。

本当に良くまとまっています。
ぜひ参考にしてみてください。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。