相談相手は誰ですか?

大きな決断をするとき、多くの人は
不安を感じて周りの人に、自分の選択が
正しいかどうかを相談しますよね。

しかしながら、その相談が、
結果的には自分を悪い方向に
向かわせてしまうことがあるのです。

その一番の原因は、

相談すべきでない人に相談をしてしまう。

ことなのです。

例えば、具体的に、

家を建てようかどうしようかと、
考えているとしましょう。

そのことを相談しようとするとき、
ほとんどの方は身近な人に対して、

相談を持ちかけてしまうようです。

しかし、

たいていの場合、身近な人だからといって、
自分と価値観が同じとは限りません。

そんな価値観が違う人に相談したら、
どういう結果になるかというと・・・

ピントがずれた返事が
返ってきたりします。

なぜなら、その人たちは、
自分の価値観で良いと思った情報を
提供してくれるからです。

残念なことに、
いくら付き合いがあったとしても、

こういう人に対して相談しても、
有効な答えが返ってくるわけがないんです。

価値観が違うのですから…

だから、

本当に相談すべき相手として適切なのは、
自分と同じ境遇の身近な人ではなく、

自分と同じ価値観の人

なのです。

家づくりで具体的に例をあげるなら、

自分がしたい暮らし方をしている人

がいいですね。

そういう方に、

どうやってそれを実現したのかを聞いたり、
心構えを尋ねたりする方が、

身近な人に相談するより、
役に立つ情報を手に入れることができます。

大きな決断の相談相手は、自分に対して、
きっと、大きな影響を与えてくれます。

だから、相談すべき人はきちんと選びましょう。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。