設計事務所の成否の90%は、ポジショニングで決まる。

「ビジネスの成否の90%は、ポジショニングで決まる。」

マーケッターの間では有名な言葉になっていますが、

これは、基礎中の基礎と言っても過言ではありません。
ポジショニングというのは、

“自社の商品を競合商品との関連の中で、どのように位置づけるかを明確にすること”

です。いわば、競争上の位置づけです。

設計事務所の成否の90%は、ポジショニングで決まる。

つまり、設計事務所で言えば、

「どんなデザインをするのか?」
「どんな分野のデザインなのか?」

個人で言えば、

「どんなデザイナーを名乗るか?」
「どんな分野のデザイナーになるのか?」

という「方向性」を決めることです。

【肩書き】や【キャッチコピー】を決めるということですね。

いろいろあると思いますが、大事なのは、

「顧客をどのようにしたいのか?」

ということですね。

そして、このポジショニングを行う際に、
極めて重要なことがあります。

それは・・・・・

「絞り込む」

ということなんです。

例えば、あなたが「子育て世代のための住宅デザイナー」
というポジションを取りたいとします。

ですが・・・・これではまだ広すぎます。

ライバルがあまりにも多く、あなたが「何をやる人なのか?」が
明確ではありません。

ですので、「絞り込む」必要があります。

この絞り込み方の“コツ”とも言えるのが、

大ポジション・中ポジション・小ポジション

という考え方です。

とはいえ、最初からいきなり絞り込むのは難しいですよね。
ですので、

大ポジション

中ポジション

小ポジション

・・・・と徐々に絞り込んでいくのです。
非常に重要です。
ぜひアクションを起こしてみてください。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。