優れたマーケティングはセールスを不要にする

私がこれまで実践してきて、
「設計・コーディネート型ビジネスでは、
これがベストではないか?」
という全体像を伝えていきます。
今回は、言わば、
私が行ってきたマーケティングを
“丸はだか”にした内容です。
ドラッガーの名言

「優れたマーケティングはセールスを不要にする」

 
です。
設計・コーディネート型ビジネスの
マーケティングの基本3要素
 
///////////////////////////////
 
1.   見込み客を集める
 
2.   信頼関係を作る
 
3.   セールスをする(提案する)
 
///////////////////////////////
 
見込み客を集めて、きっちり信頼関係を作れば、
自然とセールスができる。
特別売り込まなくても、あなたの提案を受けたい。
そういう状態になる。
これが理想的なのです。
 
見込み客を集める⇒信頼関係を作る
そこの過程さえ上手くいけば、非常にセールスがやりやすくなるのです。
ただし、見込み客を集めることが大変なのです。
ブログ、Facebook、チラシなど
様々なマーケティングツールがありますが、
どれを使ったらいいのかわからない。
というのが現状かもしれません。
 
ブログ、Facebook、チラシブログにしても、
ただ、闇雲にやっているだけでは見込み客は集まりません。
なぜなら、「点」でしか機能していないからなのです。
なので、それら点を面でつなぎ合わせましょう。
面でつなぎ合わせていくことが、
マーケティングを設計するということです。
 
設計図を作る上で、いろいろな考えありますが、
私がこれまでやってきた実績を踏まえて、オススメしたいのが、
「メールマガジン」です。
設計・コーディネート型ビジネスの場合は特に、
メールマガジンに軸を置くのが、一番有効だと思っています。
なぜメールマガジンを軸にすべきなのか?
 
 
メールマガジンは、見込み客の方に
直接届けることができる唯一のツールです。
 
フェイスブックやブログは、お客様が見に行くもの。
メールマガジンは唯一、届けられるもの。
メールアドレスをわざわざ登録して、
あなたの情報を得たいという読者なので、
非常に濃い見込み客といえます。
あなた(事務所など)に興味をもっている。
あなたのノウハウに興味をもっている。方なのです。
ですので、メールマガジンを軸にしていくのが、
理にかなっているということです。
メールマガジンを軸にする。
ブログとかツイッター、フェイスブックとかは、
メールマガジンの読者を増やすために使うと
考えてみましょう。
 
ブログの読者にメールマガジンに登録してもらう。
フェイスブックの読者にメールマガジンに登録してもらう。

という風に、面展開で考えていきたいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


なぜ、財務に強い経営でお金が回る仕組みが必要なのか?

工務店経営者に「一番の悩みは何ですか?」と問うと、上手くいってる会社も上手くいってない会社も、「集客」と答えてしまいます。いち早く改善すべき問題や課題は、本当に「集客」なのでしょうか?

例えば、「顧客を得るたびに利益を失っている」とか、「顧客を得るためのコストが非常に高い」など、こういった状況で、広告宣伝費に投入し集客したとしても、無駄使いとなってしまいます。

つまり、経営が健全でない状態のまま投資をするということは、成長や利益を得ることに対して投資効率が悪いということなのです。だからこそ、事業に大きく投資する前に、たとえ今赤字であっても、お金が回る健全な経営にしておく必要があるのです。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。