工務店・設計事務所にはまだライバルが少なく、今がチャンスの集客法

ここ1~2年の間、勢いを止めることができないくらい
爆発的に普及している、ある「モノ」を使って、
ライバルが少ない今だからこそできる集客法があります。

もしかしたら、あなたも今この瞬間・・・
ある「モノ」を触りながら使っているかもしれませんよ!!

その、ある「モノ」というのは・・・

『スマートフォン』

を使った集客方法なんです。

もし、あなたがスマホを持って、
いろいろなサイトを見ていたら、

・文字が小さくリンク先が指で押せない
・ページが重くて全然ページが開かない
・電話をしようとしてもメモを取らないといけない

そして、しまいには、

「あ~!!もういい!!」

そして、その今見ていたサイトを閉じたり、
別のサイトを見た経験ないでしょうか?

「人の振り見て我が振り直せ」

じゃないですが、あなたのサイトに訪れたお客さん・・・

「あ~!!もういい!!」

それで、あなたのお客さんを逃していたら・・・

しかし、その存在や事実に気づいて、
スマホでも見られるサイトを用意しただけで、

・当日に問い合わせをもらい、翌日に顧問契約まで締結した
 税理士事務所でその集客コストは2件で1500円

・成果が見えないフリーペーパーから変更した結果、
 1週間で6件お問い合わせをもらったフットケアサロン

・女性客に相性バッチリの集客方法も相まって、
 ライバルが少ない市場で1人勝ち状態の呉服屋

など、短期間で圧倒的な成果を出されています。

工務店・設計事務所のサイトで、
スマホで見られるサイトがほとんどないことを
ご存知でしょうか?

このライバルが少ない今だからこそ、
このピンチをチャンスに変えてみませんか?

「しかし、スマホで見やすいサイトは
どうやって作ればいいのか?」

そこで、この無料動画がオススメです。
↓ ↓ ↓
工務店・設計事務所にはまだライバルが少なく、今がチャンスの集客法

あなた自身を含めて、身の回りでスマホを使っている人が
増えていると思いますが、スマホできちんと見られるサイトは
どれくらいありますか?

その存在や事実に気づいて、ライバルよりも先に
スマホでも見られるサイトを用意しただけで、

・当日に問い合わせをもらい、翌日に顧問契約まで締結した
 税理士事務所でその集客コストは2件で1500円

・成果が見えないフリーペーパーから変更した結果、
 1週間で6件お問い合わせをもらったフットケアサロン

・女性客に相性バッチリの集客方法も相まって、
 ライバルが少ない市場で1人勝ち状態の呉服屋

など、短期間で圧倒的な成果を出されています。

工務店・設計事務所にはまだライバルが少なく、今がチャンスの集客法

 

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【10月31日開催】基礎となる経営のシンプルな法則を知り、土台となる商品やサービスの質を高めませんか?

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。