工務店・設計事務所がコピーライティングを取り入れるときに気をつけたい3つのこと

売るための広告文作成から、取引先とのメール、
建て主へのプレゼン・・・

コミュニケーションを取る以上、

どれもに文章はなくてはならないものであり、
コピーライティングは活かせるスキルでもあります。

コピーライティングとは、

●宣伝・広告を打ち出す時には 
 “最大限に費用対効果を高める” 言葉の武器となり

●仕事でのメールやプレゼンなど文章を使う際には、
 “相手に信頼とを与える” 言葉の武器となり 
“相手を惹きつける” 言葉の武器にもなる 

そんなスキルのことです。

コピーライティングを書き上げるにあたり、
守るべき最重要の3つのことをお伝えしておきます。

【コピーライティング最重要3ヵ条】 

●テストを必ず行う 

●見出しで成約率は決まる 

●相手に役に立つ情報だということを伝える



これはコピーを作成する際、
「あ、そんなことあったな」程度の認識の方がけっこう多く、
実際にほとんどの方ができていません。

・・・ということは

これはチャンスなのです。

このたった3つのことができるだけで
あなたは他の方より一つ抜きんでた存在になれるということです。

安定して集客できる方のその秘訣は
“シンプルな3つのこと” が出来ているからです。

これら、文章の書き方をマニュアル化されたものが
無料でプレゼントされています。
是非一度読んでみてください。
→ 「売れる文章の書き方36」


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。