なぜ、ウェブに強い設計事務所は家づくりが上手いのか 設計者のためのインターネット再入門

なぜ、ウェブに強い設計事務所は家づくりが上手いのか
設計者のためのインターネット再入門

■内容・概要
住宅設計の第一線で働く設計者が、ホームページやブログの活用方法を、わかりやすく解説した書。不景気の今だからこそ、ホームページを活用し仕事を捕りたいと思うすべての方へおすすめの1冊です。

■目次
・はじめに
・01 失われた家づくりの機能を取り戻せ!
情報過多時代の病
既存の業務をインターネットに移行せよ
・02 コンテンツは、たった一人のクライアントのために
設計事務所がつくるべきホームページ
家づくりより難しい!?コンテンツの設計図
・03 「また来たい」と思わせるホームページ
ブログとは高級ホテルのドアマンである
「家づくり質問箱」という真剣勝負
非公開コンテンツが現場を熱くする
「オンライン設計室」が復活させた現場力
プロの記者が取材する「自分雑誌」をアップ
・付録 こうして使うインターネット-実例をとおして
・あとがき インターネットというメディアの可能性

 

2 件のコメント

  • この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

    【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

    ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

    【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

    『注文住宅3.0』とは?

    【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

    『家づくりの仕組み』とは?

     

    ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。