なぜ、ウェブに強い設計事務所は家づくりが上手いのか 設計者のためのインターネット再入門

PR
   
なぜ、ウェブに強い設計事務所は家づくりが上手いのか 設計者のためのインターネット再入門

なぜ、ウェブに強い設計事務所は家づくりが上手いのか
設計者のためのインターネット再入門

■内容・概要
住宅設計の第一線で働く設計者が、ホームページやブログの活用方法を、わかりやすく解説した書。不景気の今だからこそ、ホームページを活用し仕事を捕りたいと思うすべての方へおすすめの1冊です。

■目次
・はじめに
・01 失われた家づくりの機能を取り戻せ!
情報過多時代の病
既存の業務をインターネットに移行せよ
・02 コンテンツは、たった一人のクライアントのために
設計事務所がつくるべきホームページ
家づくりより難しい!?コンテンツの設計図
・03 「また来たい」と思わせるホームページ
ブログとは高級ホテルのドアマンである
「家づくり質問箱」という真剣勝負
非公開コンテンツが現場を熱くする
「オンライン設計室」が復活させた現場力
プロの記者が取材する「自分雑誌」をアップ
・付録 こうして使うインターネット-実例をとおして
・あとがき インターネットというメディアの可能性

 

   
PR
 

2 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    小さな会社の集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

    「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。