工務店・設計事務所の売上を上げるための3つのポイント

PR
   

売上を30%上げるためには、どんな策を実行しますか?

・新しい新規事業を立ち上げる。
・設計料を上げる。
・その価値に見合うように設計内容もバージョンアップさせる。
・頑張ってお客様の数を増やす。


などが挙げられますが、
あなたはどんなアイデアを出したでしょうか?

最初にまず捉えておきたいのは、

「売上をどう上げるか?」ではなく
そもそも【売上】とは何なのか?」を考えることです。

【売上】を「定義」し、「公式化」することが大事なのです。

売上げ=顧客数×平均単価×販売頻度

売上げは、
1.顧客数
2.平均単価
3.販売頻度
の掛け合わせで決まってくるのです。

つまりは、顧客数×平均単価×販売頻度を

おのおの10%あげるだけで売り上げが1.3倍になるのです。

30%いきなり売上を伸ばそうとしても
方法が具体的にわかりませんが、

3つのカテゴリーをおのおの10%をあげることに、
絞り込んでいけば、売上が劇的に変わるのです。

   
PR
 

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。