ホームページ制作会社への依頼が危ない理由

hpx
ホームページは作ったけど全然アクセスがない・・・
アクセスはあるけど問い合わせが少ない・・・

このような悩みを抱えてらっしゃる会社は多くいらっしゃいます。

ホームページへのアクセスや問い合わせが少ない理由は、
大きく分けて2つの原因に起因します。

1.コンテンツ・レイアウト・見せ方が原因(わかりにくいなど)
2.ホームページへのアクセスの集め方が原因

カッコいい・キレイ・見栄えの良いものにすれば、ホームページから売上を伸ばせると思っていたのなら、それは大間違いなのです。

例を挙げるなら、一昔前に流行りましたFlash動画などをトップページで使うホームページなどです。

しかし、この方法では売上は伸びることはないでしょう!

残念なことに、このようなホームページを未だに見かけます。そのほかにも、見た目はカッコいいんだけど、なんだかわかりにくい、字が小さいなど・・・

これは自分の建物のデザインに合わせて「カッコよくスタイリッシュにしたい」と考えてらっしゃるからだと思います。

ホームページ制作業者に依頼して、サイトを思うようにカッコよく作ってもらったけど、
“問い合わせが少ない”、“売上が伸びない”という声を多く耳にします。

これこそがホームページ制作の落とし穴です!!!

ついついカッコいい・キレイなサイトを制作したいと思いがちになりますが、
まずは反応が取れるホームページの要素がそこではないことを認識しましょう。
カッコよくキレイなサイトを作りたい気持ちをグッと抑えてください!

ホームページは、単に見栄えが良いだけのネット上のパンフレットではありません。

 ブランド力を磨き、
受注を伸ばし、
スタッフを育てる

といった実効を得る業務強化のツールとして機能させることで、
価値あるホームページだといえるでしょう。

 

ホームページ制作会社への依頼が危ない理由

売上に反映されていないネット社会の現代において、設計の依頼を受注するのに、ホームページの存在は欠かせません。しかし、せっかくホームページ制作会社に頼んで作ったのに、まったく売上に反映されていないという会社が多いのです。

ホームページは、その会社の顔です。誰もがカッコよくてきれいなサイトを作りたいと考えるでしょう。しかし、売れるホームページとは、ホームページを見た人にしてもらいたいことをしてもらう=反応が取れるページです。

多いのが、「きれい」「カッコいい」「スタイリッシュ」という外観にこだわった自己中心型のホームページです。
ホームページの外観は、売れるホームページにするためには、欠かせない要素ではありますが、もっと大事なことがあります。それを理解せずに制作してしまうのはとても危険です。

さらに、PPC広告を出稿する上では、PPC広告向けのサイトの構成が必要になります。

一般的なホームページ制作会社に依頼するとダメな理由は、いくら「きれい」「カッコいい」「スタイリッシュ」なデザインのホームページを作っても、それがイコール、反応が取れるページではないからです。

ホームページを上手く使い、売上を伸ばしたいと考えているはずです。
となると、依頼しようとしている制作会社が、結果の出せるホームページが作れる能力があるかどうかが決め手となります。

例えば、PPC広告からせっかくユーザーが御社のサイトを見に来ても、コンセプトや設計の流れなどの説明が分かりにくかったり、どのボタンをクリックすれば、ページを移動するのかさえも分からないサイトでは意味がありません。ただ単にデザイン的に優れたホームページを作るだけでは、売上に反映されないのです。

どうしてそのようなことが起きてしまうのでしょうか?
そこには大きく2つの理由があります。

1.あなたのコンセプトや設計、あなたのお客様のことについて、よく理解をしていない
2.企画構成が、市場や競合との差別優位性を意識して考えられていない

思い起こしてみてください。
ホームページを作る際、制作会社とはどのような打合せをされましたでしょうか?
良くない制作会社ほど、あなたの会社の視点でしか見ていないはずです。

アクセスを集めるホームページ、売上を上げるホームページは、
制作会社が“3Cの視点”から企画構成を考えて作り上げています。

3Cの視点とは、以下のことです。

1. Competitor/コンペティター・・・競争相手
2. Company/カンパニー・・・自社のこと
3. Customer/カスタマー・・・顧客・取引先

売上を上げるには、お客様の視点に立ったホームページであるかどうか。
そして、売ろうとしている商品やサービスが顧客のニーズに合っているかどうか。

ヒアリングこうしたことを知るには、制作会社がいかにあなたにヒアリングをしているかどうかです。
あなたのコンセプトや設計についてヒアリングを行い、詳しい特性や見込み客、既存客のニーズを把握しなければ、ライバルと比較することもできなければ、まして差別化を図ることなどできるわけがありません。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【12月11日開催】経営のシンプルな法則を知るだけで業績が良くなる!

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。