TwitterやFacebookでつぶやいても集客できないのはなぜ?

スマートフォンの普及に伴い、ソーシャルメディアも広く使われるようになりました。
ソーシャルメディアサービスの中で有名なのは、TwitterやFacebookですが、これらのサービスはすべて無料です。

無料で利用者も多いことから、ビジネスで集客やに利用されるのですが、これが上手くいきません。なぜなのでしょうか?

twfa

 

TwitterやFacebookを集客に利用するのは間違い!?

WEBや書籍などで、ソーシャルメディアを使った様々な集客方が公開されていますが、

実は、「TwitterやFacebookを集客に利用する」という話題性のある切り口だけが先行してしまい、上手く集客に結びついていない工務店・設計事務所が多いのです。

無料でできるから、リスクはないに等しいですが、それがゆえにほったらかしにしてしまい、機会損失に気付かないのです。

とはいえ、ソーシャルメディアを使い、上手くいっている工務店・設計事務所もあります。違いは何なのでしょうか?

 

SNSはより集客力をアップさせるための手段!

実は、ソーシャルメディアは、「すでに集客できてる会社がより集客力をアップさせるための手段」であることが一番チカラを発揮します。さらには、お客様との接触頻度を高めるツールとしても効果的です。

ということは、中身がない状態や、全く誰にも知られていない状態で、TwitterやFacebookでいくらつぶやいてもほとんど意味がないということになります。

 

まずはコンテンツをしっかりと作りこむ!

SNSにチカラを入れる前に、まずはホームページを軸とした中身(コンテンツ)をしっかりと作りこみましょう。

  • わかりやすいコンセプト
  • 魅力的な施工例や設計例
  • ちゃんと取材に行ったお客様の声
  • ブログによる情報発信 etc・・・

などを充実させるだけでも、集客&育成といった相乗効果が高まりやすくなります。

 

顧客の質はメルマガの方が上!?

FacebookなどのSNSは拡散できますが、拡散する相手の質のことを考えると、メルマガの方が良いです。なぜなら、メルマガはその情報に興味を持ち、情報がほしくて、登録してくれる方が多いからです。

Twitterは、気軽にフォローできますが、タイムラインはすぐ流れるし、情報量が少ないです。

Facebookは、実名で顔が見えたりする分、繋がりを断りにくい面があります。

Facebookの友達申請で繋がっているからといって、自分の情報が、相手のタイムラインに流れていると思っていたら、大違いですよ。友達申請でつながっていても、相手にわからないよう、情報が流れてこないようにすることは、簡単にできますから(笑)

また、「いいね!」を押してくれているのは、悲しいことに、付き合いで押してくれることの方が多いです。それでも、その周りに広まってくれれば・・・と思いたいですが、宛のない繋がりに期待するのは止めましょう。博打に近いです(笑)

Facebookなどは、タレント並に、キャラが立っている方には、集客に適したツールでしょうが、普通の方が、家を建てる方を集客するには、向いてないですよ。

SNSを否定しているわけではないですが、手順としては、

  1. 中身(コンテンツ)の充実
  2. メルマガ
  3. SNS

の順番で進めていく方が失敗しにくいですよ。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【12月11日開催】経営のシンプルな法則を知るだけで業績が良くなる!

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。