設計事務所経営から生まれる7つの問題点

最近、建築系の学校では、
設計事務所に就職することを勧めていないとのこと。
(某建築系学校教員より)

なぜなのでしょうか?
答えは簡単です。

ビジネスモデルが成り立っていないから

前回、設計事務所の給料のことについて書きましたが、

ビジネスモデルとして成り立っていないため、

低賃金、長時間労働という過酷な現場が、
当たり前とされる設計事務所の世界には、
教師の親心として行かせたくないんですね。
 
 
では、その原因となっているであろう問題点を、
経営やマインドという観点から7つ上げてみました。

 1.徒弟制度
 2.人を育てられない
 3.自己投資をしない
 4.視野が狭い
 5.コミュニケーション力がない
 6.リスクを冒さない
 7.良いものを作れば売れると信じている

 
 

1.徒弟制度

徒弟制度というのは、師匠と弟子という関係性で、
「物から学ぶ」「見て覚える」という、
おのずと先人のポジションが確立される制度なのです。

芸や職人の世界では当たり前とされていますが、
この風潮が、設計事務所にもあります。

ごく一般的な設計事務所のスタッフは、
ほとんどが所長の補助です。

所長が黒と言えば、たとえ白くても黒と言う、
そんな関係性ですね。
 
 
そのような場所では、
CAD図面を書く、模型を作るなどの、
作業員としての技術は磨かれますが、

アーキテクトとしてのクリエイティブな能力は、
素質と運がなければなかなか磨かれません。
 
 
徒弟制度が悪いわけではないですが、

「物から学ぶ」「見て覚える」では、
落ちこぼれが生まれやすい環境下なのは、
間違いありませんよね。
 
 

2.人を育てられない

設計事務所のほとんどの方が、
これまで建築しかしてこなかった方達ばかりです。

なのでビジネスレベルの一般常識が
問題となっています。

そこそこ大きな工務店や
大手ハウスメーカーでしたら、
新人教育されますが、

新卒⇒設計事務所の流れは大変危険です。

新卒ですから、
電話の応対や掃除の仕方はもちろんのこと、
肝心な「仕事の仕方」を知りません。

近年ではゆとり世代ともかぶり、
かなりの下レベルっぷりに驚きます。

そして、追い討ちをかけるかのごとく、
「見て覚えろ」の世界がゆえに、
上司も教わってきていないため、
教えることができないのです。

つまりは、人を育てる環境になっていないのです。
 
  
なんだか、ライオンが子ども崖から突き落とし、
這い上がってきた子どもだけを育てるという
流れに似ていますが(笑)

でもできる人はいずれ独立しますよ(笑)
 
 

3.自己投資をしない、または投資の幅がせまい

設計事務所と接して、私が常々感じていることは、
自分自身に投資をしないということです。

プレゼンにiPadを使うと良いと思っていても、
事務所が買ってくれないと自分では買わなかったり・・・

また、自分自身の人間力を高めるための
自己啓発などを取り入れない。毛嫌いする方が多いですね(笑)
本にしろ、読んでも建築本ばかりです。

給料が少ないからという理由もあるでしょうが、
そんなことを理由にしている人は、
給料に余裕がでても自己投資しませんよ。

だけど、建築士の資格を取るためには、
高いお金を払って学校に通ったりするのです(笑)

業務に直接関係がないものに対しての、
自己投資があまりにもなさ過ぎます。
 
 

4.視野が狭い

上記の自己投資しないにも関連しますが、
取り入れる情報に偏りがあるため、視野が狭いのです。

また、アート思考が強いということもあるのかもしれません。

建築家のようにアーティストであるなら、
好きにしていただいてかまいませんが、

デザインの本質は、
問題を解決することですから、

クライアントの抱えている問題を、
設計(家づくり)を通じて、解決していくことが、
これからの設計事務所としての役割なのです。

そのためには、クライアントと同じ目線の情報を、
取り入れることが必要なのです。
 
 

5.コミュニケーション力がない

「設計」という行為は、
他人のお金の上で成り立っていることなのですが、
まずその認識が薄いですよね。

自分ありきで物事を考える方が多いのです(苦笑)

さらには、我が強いこともあってか、
「個」の力しか発揮できない方が多いですね。
たとえ組織力ができても、
事務所内のチームレベルまで。
 
 
商圏の被らない同業者や異業種である
外部の人との繋がりが明らかに足りないのです。

内部の繋がりも大事ですが、
外部を巻き込んでいくことの大事さは、
独立する時、痛いほど感じますよ(笑)
 
 

6.リスクを冒さない

設計事務所は、設計やアイデアなど、
目に見えないモノを知的財産とし、
その対価で報酬を得ます。

そのため、ノウハウやプランが真似されることを恐れ、
表に出さない傾向が強いのです。
しかし、結果としての報酬は割安なのです。

これはマーケティングでいうプロダクトローンチの
間逆を行っているのです。
これでは成果がでるはずもありません。
 
 

7.良いものを作れば売れると信じている

大半の業界が一昔前であれば、
良いものを作っていれば、自然と売れていましたが、

現代においては、物が有り余るため、
物の良さだけでは売れない時代です。
 
 
同じくして、デザイナーの数もここ数年で
一気に増えました。正直、余っています(苦笑)

そのため、いいデザインだけでは売れなくなっており、
その本質をどう伝えるかまで必要とされてきます。

売るための仕組みづくり、つまりは、
「設計事務所のためのマーケティング」
が必要なのです。
 
 
以上の7つとなります。

技術的な点にスポット当てたら、
まだまだあるのでしょうが(苦笑)
経営やマインドをテーマに挙げてみました。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【12月11日開催】経営のシンプルな法則を知るだけで業績が良くなる!

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。