提案プランができても、相談してはいけない相手とは?

クライアントに提案するプランができたら、
不安を取り除くため、誰かしらに相談しますよね。

でも、一見相談した方がよさそうに見えて、
相談してはいけない相手がいるのです。

その相手とは???

提案プランができても、相談してはいけない相手とは?

相談した方がよさそうに見えて、相談してはいけない相手とは?

1.部下

あなたがもし所長(社長)なら、部下(社員)は顔色を伺います。
そんな関係性の中、所長(社長)から「このプランどう?」と聞かれたら、「いいですね」と答えるしかないですよね。指摘があっても、凡ミスなどの間違い程度で、部下(社員)からは本質をついた返事は返ってきません。
 
 

2.家族

家族仲が良くなければ、否定されるでしょうし、(そもそも相談しないか(苦笑))家族仲が良ければ、肯定されるでしょう。

「一生懸命考えた」=「いいね!」という、行為そのものの評価をしてくれるだけで、これも本質をついた返事は返ってきません。
 
 
 
以上となりますが、

なぜ上記のような方達が、相談した方がよさそうに見えて、
相談してはいけない相手なのでしょうか???

結局のところ、お金を出して住む人たちではないからです。
いい加減に答えているわけでないのでしょうが、本質をつかんだ返答ではないのです。
  
 

相談相手=お金を出しくれる方

お金を出してくれる方といえば、「建主」ですよね。

その出来上がったプラン、プレゼンをする前に、
現在進行中の別のお施主さんに見せてみてはいかがでしょうか?

意外と本質を突いた返事が返ってきますよ。
 
 


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。