独自の強みは売上を上げる突破口になる!

先日も書きました、
自社の独自性や強みを表すUSP

優れたUSPを見つけることで、
売上を上げる突破口を開くことができます!

つまり、優れたUSPは売上に貢献してくれるのです!

独自の強みは売上を上げる突破口になる!

自社のUSPに気付かないと、集客・セールスに活かせられない。

同じ集客をするにしても、
USPがしっかり伝えられていると、

ただ単に数だけを集める集客ではなく、

たとえ数は少なくても、
自分が求めているターゲット層を
集客できるようになります。

求めているターゲット層だと、
集客後の進捗具合もスムーズにいきやすいですよね。
 
 

実は勘違いしやすい自社の強み。

USPというのは、
単に「自分だけで考える強み」ではないのです。
 
 
例えば、自分では狭小住宅に
強みがあると思っていても、

商圏エリア内に、同じく狭小住宅に強みを持っており、
さらには、自分より実績もデザイン力も信頼もある
そんな競合相手がいたとしたら、、、

自社の強みにはなりませんよね。。。
 
 
USPを考える上で、

・商圏エリアでの競合相手との関係性
・商圏エリアでの市場の需要

この2点を考慮して、
USPを決めていく必要があります。

見つけ出したUSPに上記のフィルターを掛けて
練り直してみましょう。
 
 

地域密着なら「地元」という利点を活かさない手はない。

設計事務所の中には、
商圏を広げずに、地元に腰をすえて、
お仕事されている方もいらっしゃいますよね。

建てる方の「家は一生もの」という価値観は、
地域密着という意味でもあります。

そんな方にとってみたら、
「地域密着」「地元」というだけで、
他の設計事務所と差をつけることができます。

工務店では何年か前から取り入れられており、
検索すると結構な数がでてきますが、

設計事務所は、最近取り入れているところが
ようやくでてきた程度でまだまだ数は少ないですよ

工務店 地域密着
設計事務所 地域密着

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。