お金を掛けずに最高の人事採用をする方法

いつの時代も悩ましいのは、人関連の悩み。
つまり「人事採用」です。

設計事務所として力を付けていくため、
良い人材を採用し、どう組織力を伸ばしていくかは、
どの設計事務所の経営者も抱える問題ですよね。

お金を掛けずに最高の人事採用をする方法

ここでは、私自身のこれまでの人事採用の
経験の中で感じた3点をまとめてみました。

最後には、お金を掛けずに
最高の人事採用を可能する方法もお伝えします。
ぜひ参考ください。
 
 

1. 転職サイトではお金が掛かりすぎる

新卒=即戦力ではない。という考えから、
即戦力になる中途採用を探しがちになります。

ですが、他の業界含めても、中小企業や個人事業主に、
飛込みでいきなり優秀な人が来ることは
滅多にありません。

だから、何かしら転職系のサイトを
利用しての採用を考えてしまいます。
 
 
私が担当したときもそうでした。
とある方から、紹介をいただいた転職サイトを
利用させてもらいました。

ですが、これが高い・・・

いい人材を採用しようと、
有名な大手転職サイトを利用したのですが、

今考えると、費用対効果はあまりいいとは言えません。

皆、今よりいい給料を求めて、
転職をしたいと考えているわけですし、

なにより、登録している方々が
全て優秀というわけではないのです(苦笑)
 
 
経営者としては、良い人材を
割安な給料で雇いたいのが本音ですよね。

それを達成するには、転職サイトなどを
利用していては難しいですね。
 
 

2. 面接での言葉は8割が誇張!

採用を担当して、何度か痛い目にあったのが、
「面接での言葉は8割が誇張」されているということ。

よくあるパターンが、
応募者が必死で採用を求めている場合、

できないことも「できる」と
言ってしまいがちなのです。

 
 
また、1級建築士の資格を持っているからとの理由で、
採用にいたっても、

体が弱く、設計事務所のワークスタイルに
ついていけないければ、意味がありません。

このワークスタイル問題は、面接時に事前に確認しても、
当の本人は「大丈夫です。」と言います。

でもこればかりは、本人の気持ちだけでは
乗り切れない部分もあります。
 
 
その他には、こんなこともありました。

画像編集系のソフトである、
フォトショップやイラストレーターを使えますか?
の質問に、「使えます!」と答えるもんだから、

採用後に使わせてみると、、、
全然使えない。。。(苦笑)

採用の必須項目ではなく、
使えるなら、助かるなぁ。程度でしたので、
後々、無理やり覚えさせましたが(笑)
 
 
経験談から言いますと、

肩書きや能力、そして
その場での意気込みだけで選ぶと
痛い目にあいますよ(苦笑)
 
 

3. 設計事務所へ入る新卒ほどヒドイものはない!?

たとえ大学で賞を取ろうが、学校を出たからといって、
すぐに即戦力で使えるほど、建築は甘くはありません。

経験上、新卒で設計事務所に入る人のほとんどが、
他の企業から声も掛かっておらず・・・

さらには、新卒がゆえ、
仕事の仕方を知らないという始末・・・

こんな人材を採用したいと思いますか???
 
 
若い人材ほど、変に染まっておらず、
自社の考え・コンセプトを理解してもらいやすい、
さらには、給料が安い。

という利点はあるのですが、
経験談から言いますと、

教育機関が整っていない設計事務所は、
新卒の採用は止めた方がいいです。
 
 
とはいえ、優秀な人材を採用したいのは、
どこの事務所も同じ事。

最高の人材を採用できる、
こんな方法があるのをご存知でしょうか?
 
 

お金を掛けずに最高の人材が欲しいなら、あなたを知ってもらう必要がある!

どんな優秀な人材も、採用する前に、

代表であるあなたの考え、コンセプト、
仕事の仕方、人柄など、
あなた自身を知ってもらうことが大事です。

 
 
実は、スキルや知識、仕事の能力が低くても、
それはトレーニングや研修をしっかりしていけば
徐々に身につけられます。

しかし、あなたの理念や方向性に同意できないのは、
軌道修正がかなり難しくなります。

むしろ、そのような人は同じ船に乗るわけにはいきませんし、
周りの人へも悪影響を及ぼします。
(私もその理由で会社を離れました(笑))

だからこそ大事なのは、理念や方向性、
目標や夢が共有できていることなのです。
 
 
そのためには、メルマガやブログなどで
常に発信していくことが大事になってきます。
 
 

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【10月31日開催】選ばれる家づくりを実現しませんか?

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

 

工務店経営者にしか実行できない注文住宅10棟を超えるための最低条件(概要編)

2019年9月7日

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。