周りの設計事務所から頭ひとつ出るための3つのプロセス

ここ数年、デザイナーと呼ばれる人の数が
かなり増えてきました。

仕事柄もあるのでしょうが、
私の周りでも「○○のデザインをしています。」
という方が本当に多くなりました。

それに比例して、建築家や住宅デザイナーも
10年前に比べますとかなりいらっしゃいます。
 
 
デザインをする人が増えるということは、
デザインの多様化でもあるということですよね。

そんな状況の中で、
「なんでも設計します。」「どんなデザインでもできます。」
では、パンチ力に欠けてしまいます。

パンチ力を高め、周りの設計事務所から
頭ひとつ飛びぬけるためには、
”独自の専門性”を身につけることが必要とされるのです。

そこで、設計事務所独自の
専門性を高める3つのプロセスを紹介しますね。
 
周りの設計事務所から頭ひとつ出るための3つのプロセス
 
 
 

1.悩みや問題をリサーチする。

あなたがターゲットにしている顧客は、
「何に困っているのか?」「何に悩んでいるのか?」
をリサーチしましょう。

その悩みを直接聞くことができればいいのですが、
そんなことはまず難しいので、

yahoo知恵袋やOKWaveなどのQ&Aサイトを利用して、
リサーチするのが手っ取り早いです。
 
 

2.リサーチして出てきた悩みや問題をチェックする。

  
悩みや問題をリサーチした後、
出てきた悩みをチェックする必要があります。

 ・ お金を払ってまで解決したい思うものかどうか?
 ・ 自分の能力やスキルで解決が可能かどうか?

など、自分の能力で解決できて、
その対価を得ることができる悩みや問題なのかどうかを
見定めていきます。
 
 

3.その悩みの解決策が書かれた関連書籍を読む

  
その悩みや問題の解決策が書かれた関連書籍を読みましょう。
3~5冊ぐらいに絞りこんで、その本を徹底的に読むべきですね。

急いで手広く読みすぎると、
知識も広く浅くなってしまいがちです。

さらには、その悩みや問題の言葉で検索をかけ、
関連サイトなどもチェックしてくださいね。
 
 
 

独自の専門性を見つけるポイントは絞込み!

なかなか専門性を見つけられない場合、

競合を減らし、優位性を確保してみてください。
つまりは、よりニッチな分野に絞込んでください。
 
 
例えば、「ガレージハウス専門の設計事務所」
では競合相手に勝てないのであれば、

「バイクガレージハウス専門の設計事務所」に
幅を狭めるということです。
 
 
「ガレージハウス」というマーケット全てを
射程に収めることは、競合も多く困難ですが、

「バイクガレージハウス」というバイク側に絞り込むことで、
ただの「ガレージハウス専門」より、
バイク側においては優位性を持つことができるのです。
 
 
注意したいのは、専門性を持つからといって、
それ以外の受注を請けてはいけないということではないのです。
請けられる仕事であれば、請けてかまいません。

専門性を持つことで、小さくても強い存在になれば、
周りからも認められ、他の仕事も舞い込んでくるものです。
 
 
周りの設計事務所から頭ひとつ出るためにも、
ぜひ実践してみてください。 
 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。