未来を変える=問題を解決していく=デザインの力

「コミュニティデザイン」「ソーシャルデザイン」など、ここ数年、「デザイン」というキーワードが飛び交っています。複雑化していく社会の問題や課題を解決するにあたり、一つの分野だけでなく、さまざまな専門的知識や技術を持ち寄り、解決していく方法が必要とされてきています。

つまりは、

解決していく方法=デザインの力

なのです。これは、住宅の世界も同じことで、これまでの方法では解決できないことがどんどんと増えてきています。

そんな中、現在、六本木ミッドタウンで開催中の「未来を変えるデザイン展 –business with social innovation in 2030-」

東日本大震災からの復興や気候変動、人口減少など社会が抱える問題などの解決策を考える展覧会ではありますが、ユニークなアイデアや、将来の暮らしの姿を感じるとることができるため、そこから、住宅業界のこれからの問題や課題を解決していくための、ヒントが得られるのではないでしょうか。

5/16-6/11までの1ヶ月近く開催です。入場無料で、期間中は、起業家や研究者によるセミナーなども開催しています。この先日行われたセミナーがとても興味深かったのですが、私は行けずじまいでした(涙)

 

「未来を変えるデザイン展」トークセッションが面白い!

「未来の主役は誰なのか?」を本気で考える 〜時代をリードする10代が語るこれからの未来、大人へのメッセージ

海外在住歴なしでTOEIC940の中学1年生 × 「TEDxOsaka」に登壇した高校1年生 × 「僕らの一歩が日本を変える」発起人メンバーの大学1年生

加藤 博人さん、山本 恭輔さん、新居 日南恵さんの3人がスピーカーとしてお話しされましたが、なんと!皆10代です。
http://peatix.com/event/13414/

以前、その中の一人の山本恭輔さん(14歳)のTEDxOsakaのプレゼンを拝見したのですが、すごく感動的で素晴らしかったの覚えています。時折ジョークも交えながら、英語でプレゼンです!こんな10代、住宅業界にも現れてほしいものです。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。