今すぐアクセスを倍増させる方法

ホームページのデザインの問題はクリアしたとしたら、
次の問題は、お客様をどうすればホームページに集めてこれるか?です。

その方法として最も効果的でオススメしたいのがPPC広告です。
PPC広告とは、Pay Per Clickの略で、1クリックごとに料金が発生し、支払う広告になります。そのため、掛けられる費用も自分自身で調整ができます。

今すぐアクセスを倍増させる方法

PPC広告例

このPPC広告を上手く使えば、すぐに数多くのアクセスを集めることが可能になります。
しかも、その日から問い合わせを得ることもできます!

ホームページにアクセスを集める別の方法のひとつに、
「SEO(検索エンジン最適化)」という手法があります。

自社のホームページが検索結果の1位、または上位に表示させ、アクセスを多く集めるというものです。

それも大事な方法なのですが、行う順番が問題なのです!
手順が間違ってしまうと、効果が発揮できなくなります。
そう申し上げたい方がとても多くいらっしゃいます。

また、SEOは無料だと思っている方もいますが、実は無料でできる範囲は限られているのです。

ホームページへのアクセスを今すぐ倍増させる方法

ホームページへ沢山のアクセスを一瞬にして集める方法・・・
それが【PPC広告】なのです。

PPC広告とは、Pay Per Click の頭文字を取ったもので
「クリック課金」と呼ばれています。

PPC広告には、Yahoo!とGoogleと大きく分けて2つあります。

今すぐアクセスを倍増させる方法

「検索ネットワーク広告」と「スポンサードサーチ」は、
検索結果画面の右側や下記に表示される広告です。(下図1・下図2)

【図1】 検索ネットワーク広告の例

今すぐアクセスを倍増させる方法

【図2】 スポンサードサーチの例

今すぐアクセスを倍増させる方法

「ディスプレイネットワーク」と「インタレストマッチ」は、
ポータルサイトやニュース情報サイトなどに表示される広告になります。(下図3)

今すぐアクセスを倍増させる方法

PPC広告がなぜ、すぐにアクセスを倍増できるのでしょうか?

その理由は、PPC広告は設定さえすれば、すぐに広告が出稿することができ、
その結果、アクセスが一気に増えるのです。設定にかかる時間は、おおよそ15分ほどです。

PPC広告は、どの広告よりも効果が早いのです。

ただし、PPC広告の設定には、

[1] 設定するのに知識が必要
[2] 効果的な運用をするための戦略が必要

といった欠点があります。

パソコンが苦手な方にとっては、
PPC広告の設定管理画面を見ただけでも目が点になってしまうかもしれません。

今すぐアクセスを倍増させる方法

これでは[1]の知識の部分からネックとなってしまうでしょう。
もちろん、ある程度、パソコンに精通している方であれば、[1]は問題ないはずです。

しかし、いくらパソコンに精通しているといっても、PPC広告の運用となるとどうでしょう。
効果的に運用するためには、やはり“戦略”が必要となります。

そのため、費用が少しかかっても、認定資格を保有したプロに任せましょう。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。