家づくりの中心には、いつも”○○”がいます。

先日、とあるマーケティング会社の社長から、
「モチベーションが上がるよ」と、
あるドラマを教えていただきました。

そのドラマとは・・・

「リッチマン,プアウーマン」

リッチマン、プアウーマン

主演の小栗旬が、若くしてIT企業を作り上げ億万長者となった社長を演じ、ヒロイン役の石原さとみは、東京大学理学部という高学歴ながら内定がもらえず就職活動に奔走する女子大生を演じた。生活も価値観も正反対の2人が、衝突を繰り返しながらもお互いを知り精神的に成長して惹かれあう「現代版『プリティ・ウーマン』」的恋愛ドラマに加え、「絵空事じゃない地に足のついた夢を語って、世の中に発信できる」「男のカッコよさ」を描くことを主題とし、企業ものとしての要素も多く盛り込まれている。wikipediaより

時価総額3,000億円のITベンチャー企業の物語は、
二転三転する展開に、オシャレとイケメンと恋愛要素がある
典型的ドラマなので、わかりやすい内容です。

このドラマのどんな部分が魅力、それは・・・

ITの中心には、必ず ”人” がいる

ということ。

このドラマの中には、社長の日向徹(主演の小栗旬)の
数々の名言があるのですが、
その中で一番感動したセリフがあります。

『グラハム・ベルという男は、なぜ電話を作った?
事実はわからない。でも、ぼくはこう思う。

遠くにいる恋人の声が聞きたかった。
それか、心配ばかりする母親に無事を知らせて安心させたかった。

メールに写真をつける機能だって同じだ。
離れてる人と同じものを見て、一緒に笑ったり、喜んだりしたい。
そう思ったから作ったはずだ。

ITの中心には、いつも人間がいるんだ。
ぼくらの仕事は、たぶん大切な人を思うことから始まるんだ。

このセリフ、住宅を設計することも
同じことが言えるのではないかないでしょうか。

カッコよさやデザインが洗練された家以上に
その家に住む方や周りの環境のことを考えること。

クライアントの求めることに応えることができること。
そして契約や依頼における不安や疑問が解決されていること。

こういったことが大事ですよね。

家づくりの中心には、いつも”人”がいます。

建主、設計士、大工、職人、営業などなど、
家づくりの中心には、いつも”人”がいます。

これは、家づくりだけではなく、
何であろうと同じだとおもいます。

人の心理や気持ち、顧客視点がなければ、
何をやっても上手くいくことはありません。

その大切な部分から目を背けたら、
住宅の設計はおろか、ビジネスとして成り立っていかないでしょう。

どんな中心にも、常に”人”がいますね。

実は、このドラマを観て以来、
主題歌のmiwa「ヒカリヘ」を聴くたびに、
モチベーションが上がります(笑)

まだ観ていない方は、ぜひ観てみてください。
「リッチマン,プアウーマン」

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【12月11日開催】経営のシンプルな法則を知るだけで業績が良くなる!

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。